Octavarium : Dream Theater (2006) 

アメリカのプログレッシブメタルの草分け的存在、Dream Theaterの8thアルバムを紹介。
Atlantic Recording Corporationよりリリースされた。

OctavariumOctavarium
(2005/06/07)
Dream Theater

商品詳細を見る


このアルバムを聴いてからもう7年もたつのか、と感慨深くなるが、
先に言っておくとDTのアルバムとしては自分は好きな方である。

何が良いかというと久しぶりにポップな一面を見せているところである。
この前作のレビューの時も言っていたが、
結局このバンドはヘヴィだけでもプログレだけでも自分は気に入らなくて、
そこにポップさが入らないと魅力を感じない。

しかしそれは私はバンドとしてこれ以上追う気力を失わせた点でもある。

このバンドのこととなると色々難しく聞いている人が多くて、
「あーそうですか」となるがそんな難しいこと考えながら聞くなんて自分には無理なのだろうナ。

Encyclopaedia Metallum - Dream Theater
タグ: Dream_Theater  USA  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Scenes from a Memory : Dream Theater (1998) 

アメリカのプログレッシブメタルの草分け的存在、Dream Theaterの5thアルバムを紹介。

Metropolis Part 2: Scenes from a MemoryMetropolis Part 2: Scenes from a Memory
(1999/10/22)
Dream Theater

商品詳細を見る


2ndアルバムを最高傑作と考えていたことから、
その中のMetropolis, Pt. 1: The Miracle and the Sleeperを主軸に置いて、
コンセプトアルバムとしてこのアルバムを作り上げている。

このアルバムのコンセプトは海外のウィキペディアが詳しいので参照されたし。
もちろん全文英語だが読み応えがあるし、アルバムの印象が変わるので是非。

そんなアルバムなので通して聞かないと良さが伝わらない。
ここまで"しっかりとした"コンセプトアルバムだとそれが問題で、
気軽に一曲一曲を切り取って聞いても面白みがない。
ここがこのアルバムの評価を分けるだろう。
タグ: Dream_Theater  USA  1996-2000 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Six Degrees Of Inner Turbulence : Dream Theater (2002) 

アメリカのプログレッシブメタルの第一人者、Dream Theaterの6thアルバムを紹介。

シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランスシックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス
(2002/01/23)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る


このアルバムは2枚組で、1枚目はまさしくプログレ。
コンセプトアルバムであり、サウンドを通じて色々考えさせるが、
同時に自分にはピンとこず、ヘヴィロテには至らなかった。

一方で、2枚目の方はもう少し分かりやすい曲が並んでいる。
映画のサウンドトラック的な情景的音楽であり、ポップな作りでもある。

特に日本版ではRadio Editとして抜き出されている、
Solitary Shellは彼らの中で最も好きな曲だ。

もっともDream Theaterの熱狂的なファンからしたら意外な選曲だろう。
自分は彼らにはヘヴィな曲はあまり望んでいないので、そのあたりの違いかな。
タグ: Dream_Theater  USA  2001-2005 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top