Grind Bastards #6 : V/A (2012) 

日本のグラインドイベントの最高峰、Grind Bastardの2012年参加バンドによるコンピ盤を紹介。
日本のGrind Freaksよりリリースされた。

grindbastard2012

去年、目的で見に行ったグラバス2012がまだ記憶に新しい(今年は行けず)。
このコンピにはの最新スタジオ音源が入っていると聞いて現地で購入した。

が、肝心のの音源については3rd"バラバラ"にも収録された音源の再録だったので、
ちょっと肩すかしだったのだが他のバンドも全て気合の入っている音源で素晴らしい。
京都のグラインドの雄Mortalizedや、メタルパンク最高峰のDoraidなど、
CDでのリリースが(ほとんど)ないバンドも参加しているので、
自分のようなアナログに及び腰勢にはとってもありがたい内容だ。

特にラストには Ironfist辰嶋率いるブラストコアバンド、Schreckwurmerが、
9分以上、3.11への怒りと日本の再生について轟音で宣言しており、
曲が良い悪いと言うよりひたすら脱帽して終わる!

日本のグラインドも凄いんだぜ、とかそういう低レベルの話ではなく、
とにかく素晴らしいコンピ音源であろう。
タグ: Grind_Bastard    Mortalized  Doraid  Schreckwurmer  Japan  2012 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Live] Grind Bastards 2012 

名古屋のグラインド重鎮、Unholy Grave主催の表記ライブに行ってきました。
グラインドはあまり詳しくないのですが(特に国内のバンドは無知に近い)、
屍が出演すると聞いて、いても立ってもいられずに名古屋まで車をぶっ飛ばしました。

以下、記憶に残っているバンドとコメントです。

NAQRO (四日市)
最後の3曲位?しか見れてないけど素晴らしいグラインド。
非常に強力なスタイルでしかと脳裏に焼き付けました。

PARASITE (三河)
メタルパンクで結構正統派なリフを多用するイメージ。
もっともっとパンキッシュにノレるスピードがあったらもっと素晴らしいかな。

MORTALIZED (京都)
既に国外でも名前の売れているバンド。
噂には聞いていたけどめちゃくちゃファストなグラインドコアでかっこいい。
短い尺でサウンドの表情を変えられるのは凄いこと。

MECOSARIO (岡崎)
どう見てもBrujeria大好き野郎ども!
しかも紅一点、女性ヴォーカルも頑張る!可愛いぞ!
これは知らなかった、非常にかっこいいラテングラインドだ。

BUTCHER ABC (東京)
エプロンがかわいい!新しいメンバーの外人さんも可愛い!
漫才のようなやり取りを挟みながらベテランならではのデス/グラインド!
エプロンにSodom 1stのパッチがついてたのは見逃さなかった。

DORAID (東京)
TTF2012のときにCD散策して到着が遅れて聞けなかったメタルパンクバンド。
音源がアナログばかりなのでまだちゃんと聞けてなかったけど、
非常にかっこいいいいいいいメタルパンク!
つーか、流行りのブラックメタルが忘れてきてしまったものを彼らは持ってるんじゃないか?
パフォーマンスも良かった!

SCHRECKWURMER (東京)
ブラストといえばのIRONFIST辰嶋さんのプロジェクト。
音楽としてはノイズコアみたいな感じだろうけど
とにかく10分以上?ブラストを叩きまくる!
100m走のスピードでマラソンの距離を走っているような凄さ。

屍 (東京)
前回の抹殺(大阪)でもそうだったが、
屍のライブを見てしまうと当日の他のバンドのことが頭から消え失せてしまう。
イベント的にはちょっと異質なサウンドかもしれないが、
最前列で板倉氏に陶酔してしまって後ろがどうなっていたか解らない。
イベント終了後、物販でお話しすることができて感極まりました。

今回は全部のバンドを見たというよりかはピンポイントに見させてもらいました。
イベントに参加したバンドのコンピレーションアルバムを買って早速聞いていますが、
ライブ見てないバンドでも興味が生まれたバンドもあったりして、
そういう一期一会って大切だと思いました。

こういう日本のエキストリームな音楽シーンって、
世界のバンドに匹敵するような強烈な音を出してるバンド沢山いるんですよ。
ただ確かに世界は広いから凄いバンドは世界にも山ほどいる。
そんな中でなぜ国内のバンドを支援するのかといえば
結局、生で見られる機会が多いのは国内のバンドだからなんだと思います。

スタジオアルバムにそのバンドの全てを表しているものもあるとは思いますが、
やっぱりライブはそのバンドのアティチュードなど全てが盛り込まれているもので、
こういう国内のイベントというものはそれを大量に体験することができるわけで、
これからも私は参加していきたいと思いますね。

多分、次はハマソニ2012に参戦すると思います。
タグ: Live    Doraid 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top