The Headless Ritual : Autopsy (2013) 

アメリカはオークランドのデスメタルレジェンド、Autopsyの6thアルバムを紹介。
Peaceville Recordsよりリリースされた。

Autopsy6.jpg 

 1987年にex-DeathのChris Reifert氏を中心に結成し4枚の傑作デスメタルアルバムを残して1995年に解散し、パンクメタルバンドAbscessの活動にシフトするも1stアルバム"Severed Survival"20周年を期にAutopsyを再結成、翌年にはAbscessを解散して、もう一度こちらに戻ってきての2枚目に当たる。

 再結成後の彼らの作品はベテランとしての気焔を目いっぱいに見せつける渾身のデスメタル群であって、1st~2ndアルバムのような死臭がこもったデスメタルではなく、3rd~4thアルバムのような聞く人をコンフューズドさせるようなデスメタルでもない。場数を経て明らかに大人になったかのようなデスメタルである。それをつまらないと思う人もいると思う。特にこの6thアルバムはどうも音の軽さがあり、彼らのズルズルサウンドを十二分に引き出す形にはなっていないように感じる。

 しかしそれでもだ。これをAutopsyというバンドがやっていることに意味があると解釈する人もいるだろう。自分もその一人だ。やはり彼らの紡ぐサウンドはAutopsyそのものである。根底にあるベイエリアのスラッシュメタルに血生臭さをまき散らしたようなオールドスクールデスメタルの魅力…それがこのアルバムはもっともわかりやすい形で提示されている。彼らのようなベテランが第一線で活動し続ける意味を考えればそこには進化とか停滞とは別の次元のサウンドが体感できるのではないだろうか。

 最後に一言。何とか来日してもらえないものでしょうか。

Encyclopaedia Metallum - Autopsy
タグ: Autopsy  Abscess  Death  USA  2013 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Burial : Extol (1999) 

ノルウェーのテクニカルデスメタルバンド、Extolの1stアルバムを紹介。
スウェーデンのEndtime Productionsよりリリースされた。

BurialBurial
(1998/12/22)
Extol

商品詳細を見る


Atheist、Cynic(と後期Death)あたりの初期テクデス勢の意志を継承しつつ、
それらの音には属していない異なる"テクデス"を披露しているのがこのアルバム。
Meshuggahにはかなり影響を受けたようだがあれともまた違うように感じる。

確かにテクニカルではあるが決してテクニックに頼っておらず、
確かに曲の展開の激しい切り替わりはあれどもパッチワークのようではなく、
ガチャガチャしていないというかすっきりしているのが素晴らしい。

個人的にはいわゆる"テクデス"はどうもすんなり受け止められない性格だが、
このアルバムは非常においしくいただけたのでのは、
恐らくこのアルバムが機械的なものではなく情緒的なものだったからではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Extol
タグ: Extol  Atheist  Cynic  Death  Meshuggah  Norway  1996-2000 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Polarity : Decrepit Birth (2010) 

アメリカはカリフォルニアのテクニカルデスメタルバンド、Decrepit Birthの3rdアルバムを紹介。
ドイツのNuclear Blastよりリリースされた。

PolarityPolarity
(2010/07/27)
Decrepit Birth

商品詳細を見る


たまには「テクデスでも聞いてみんとてするなり」とその時の話題作を購入も、
一回聞いただけで完全放置してしまったのがこのアルバム。

今回改めて聞いてみたが普通のテクデスに比べて聞きやすい。
デスメタルの楽曲の構成をしっかり意識していてテクニックに溺れていない。
またギターのリフがかなりメロっているのも特徴的。

と、ここで後期Deathっぽいんだなあ、ということに気づくわけだが、
そこで一回聞いただけで完全放置してしまった理由も何となく解る。
チャックほどのメロディセンスに欠けるため、
どうしても曲が間延びして感じてしまったからだ。

でも聴き直してみて思ったより佳い作品だとは思った。
テクデスもたまには良いものです。
普段は疲れるから聴きません。

Encyclopaedia Metallum - Decrepit Birth
タグ: Decrepit_Birth  Death  USA  2006-2010 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Die Fucking Bastard : Necropsia (2005) 

チリのブラッケンスラッシュメタルバンド、Necropsiaの1stアルバムを紹介。
カセットでlim.666でリリースされた後、タイのWitchhammer Productionsよりlim.1000でリリースされた。

necropsia

確か大阪のキングコングでブラック/デスかと思ってジャケ買いしたもの。
きいてみたら結構まともなブラッケンスラッシュで、
しかもたまにメロいトレモロリフを入れてきたりする節操のなさもあり、
またどことなくデスメタルっぽい音の使い回しもしているなどフォーカスがあってない。

以前はAutopsyDeathなどのカバーもやっていたらしく、
さらにこのアルバムではImpaled Nazareneの"The Horny and the Horned"をカバー。
なるほど、確かにそんな感じだ。
でも原曲に対してどうもテンションが低い。

たまにオッとなる音の使い回しをしていたり決して侮れないが、
作品としてのまとまりに欠けるアルバムであり、
あまり通して聞こうとは思わないレベルの音源だった。

Encyclopaedia Metallum - Necropsia
タグ:   Necropsia  Chile  Death  Autopsy  Impaled_Nazarene  2001-2005 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Severed Survival : Autopsy (1989) 

アメリカはカリフォルニアのカルトデスメタルレジェンド、Autopsyの1stアルバムを紹介。

Severed Survival (Dig)Severed Survival (Dig)
(2003/04/29)
Autopsy

商品詳細を見る

Severed Survival (W/Book) (W/CD) (Spec)Severed Survival (W/Book) (W/CD) (Spec)
(2009/03/10)
Autopsy

商品詳細を見る


Deathの1st"Scream Bloody Gore"に参加していたChris Reifertによって1987年に結成。
そのアルバムと同様、1980年代に生まれた初期デスメタルらしく、
まだまだスラッシュメタルの領域の中にあるデスメタルを展開。

但し、そんじょそこらのデスメタルよりよっぽど死臭漂う過激サウンド。
手数の多さとか体感速度とは全く異なるこの臭気はAutopsyそのものであり、
Chris Reifertのちょっともたれ気味のドラムと、
Sadasの名手、Steve DiGiorgioのテクニカルなベースが、
高次元でまぐわった結果生まれた生々しいサウンドである。

このサウンドは更に2ndではドゥームメタルとの融合、
もしくは3rd以降はエログロナンセンスなゴアメタルへの変貌を遂げる。
最もデスメタルらしいデスメタルはこの1stだろう。

Encyclopaedia Metallum - Autopsy
タグ: Autopsy  Death  個人的名盤  USA  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Scream Bloody Gore : Death (1987) 

アメリカはフロリダのデスメタルバンド、Deathの1stアルバムを紹介。

Scream Bloody Gore (Deluxe Edition)Scream Bloody Gore (Deluxe Edition)
(2010/05/25)
Death

商品詳細を見る


まだデスメタルというジャンルが確立されていなかった頃、
こんなバンド名でスラッシュメタル界に突撃してきたのだから、
Possessedの名曲とも呼応して『Death Metal』と当初は色物扱いされていたという。

今聞いてみるとスラッシュメタルにデスヴォイスが乗ったサウンドで、
過激さでいえば今のエクストリームメタル界の中では埋もれてしまうレベルだろう。
しかし今聞いてみても格が違うと感じるのは楽曲の細部まで凝っているから。

黎明期には一部のマニアにしか支持されないバンドが後々、伝説的になった。
それがデス/ブラックメタルの80年代であり、現在である。
きっと今、一部のマニアにしか支持されていないバンドも、
後々伝説になりうるバンドがあるに違いないと思うとワクワクする。

Encyclopaedia Metallum - Death
タグ: Death  USA  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Elements : Atheist (1993) 

アメリカはフロリダ産、プログレッシブデス先駆けの一つ、Atheistの3rdアルバムを紹介。

Elements (Dlx)Elements (Dlx)
(2005/08/30)
Atheist

商品詳細を見る

(2005年のRe-issue盤はラジオのライブプレーが6曲収録されており、お得)

後期DeathCynicと並んでプログレッシブ/テクニックデスをプレイしているが、
こと日本ではそれらに比べてやや知名度は低いように感じる。
しかしながら、どのバンドよりも「プログレッシブ」だと思う。

何しろジャズの要素を極限まで取りこんで、もはやデスメタルから完全に脱却している。
そこにラテン音楽の要素まで入り込んでいて、
もはや「何でもあり」の仰天テクニカルデスだ!
緊張感と驚きをここまで味わえるメタルアルバムはなかなか存在しないのでは。

2006年活動を再開し、ついに今年アルバムがリリースされる(タイトルはJupiter)らしい。
非常に楽しみだ。
タグ: Atheist  Death  Cynic  USA  1991-1995 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Leprosy : Death (1988) 

アメリカはフロリダのデスメタルバンド、Deathの2ndアルバムを紹介。

リプロシー(紙ジャケット仕様)リプロシー(紙ジャケット仕様)
(2009/09/09)
Deathデス

商品詳細を見る


スラッシュメタルからデスメタルへの過渡期で生み出された作品で、
現在の観点ではむしろスラッシュメタルにカテゴライズされそうなアルバム。
但し、Deathの歴代アルバムを俯瞰すれば最もデスメタルに影響を与えたと言える。

しかしながら今聞いても、全然古臭くない。
演奏にフロリダのデスメタル特有の生々しさと、演奏の硬質さが合わさって、
面白い化学反応を起こしていてスリリングだ。

単なる過渡期の一枚ではなくて、重要な作品。
4th『Human』以降のテクニカルデスとなった後期Deathしか知らない人は、
是非、この作品も聞いてみてほしい。
タグ: Death  USA  モリサウンド  Pioneer  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Spiritual Healing : Death (1990) 

オールドスクールデスメタルバンド、Deathの3rdアルバムを紹介。

Spiritual HealingSpiritual Healing
(2008/06/02)
Death

商品詳細を見る


このアルバムは、1st, 2ndがスラッシュメタルアルバムであったのに対して、
4th以降はテクニカル、プログレッシブ路線に入ったということで、
丁度、今でいうオールドスクールデスメタルの範疇にはいる唯一のアルバムと言える。

このアルバム限定で参加したJames Murphyのテクニックと、
Chuckのたぐいまれなる才能が混じり合って、
ついにDeathの音楽がDeath Metalになったのではなかろうか。

オールドスクールデスメタルならではのミドルテンポ時のおどろおどろしさ、生々しさなど、
独特の緊張感がアルバムを支配していて、すばらしい作品だし、
このアルバムは聞きやすいので、Death初心者にも最適のアルバム。
タグ: Death  個人的良盤  USA  1986-1990 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top