Dreams Like Deserts : Aura Noir (1995) 

ノルウェーのブラック/スラッシュメタルバンド、Aura NoirのEP盤を紹介。
ノルウェーのHot Recordsよりリリースされ、後にイギリスのPeaceville Recordsからボートラ付きで再発された。


Dreams Like Deserts (Re-issue)Dreams Like Deserts (Re-issue)
(2012/11/19)
Aura Noir

商品詳細を見る


最初期のUlver、Satyriconに属したAggressor氏が一人で始めたバンド。
その後、Apollyon氏も加わりジャケ写の二人構成で本音源も作られてる。
変な構成で6曲中、半分ずつドラムを叩いているのが面白い。

このアルバムの翌年にリリースされたこのジャンルの金字塔である1stアルバムに対して、
この作品はまだかなりモコモコしているというか怪しげなブラック要素が強く、
Sodomの初期作品の影響を強く感じる。
そういえば4曲目のタイトルが"Angel Ripper"である。

再発盤は7曲目以降にレア音源や未発表作を収録されていてお得。
DarkthroneのFenriz氏が参加している音源もある。
ここらへんの当時のヒトとヒトのつながりも面白い。

Encyclopaedia Metallum - Aura Noir
タグ: Aura_Noir  Norway  Sodom  Darkthrone  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Cold, Starless, Moonless : Fatal Desolation (2011) 

日本のブラックメタルバンド、Fatal Desolationの1stアルバムを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりリリースされて、うち66枚のみ3rd demo同梱仕様だった。

Fatal_Desolation1.gif

1曲目のインストを隔てての2曲目にある意味度肝を抜かされることだろう
「―え?Darkthroneのパクリか?」と。
しかしアルバムを通して聞くとラストトラックに元ネタのカバーが収録されており、
バンド側の確信犯的な作品であったことを理解するのだった。

元来、Darkthroneのカバーバンドとしてスタートしているらしく、
そのエッセンスをディテールまで理解して再現したのが本作品だと言えるし、
収録曲の中にはプラスアルファでバンドカラーを出そうとしている気配もある。

但しこのアルバムの中で一番記憶に残ったのが
結局その2曲目のDarkthroneモドきの楽曲であったこともまた事実で、
凡百のDarkthroneフォロワーを粉砕するパワーは持っているが、
オリジナリティという点ではまだ弱いように感じた作品であった。

今後の活動についても期待されるが当時学生さんたちだったのが、
現在は就職でメンバーが方々に散ってしまっているようで、
新作は気長に待つ必要があるのかもしれない…。

fatal_demo3.jpg

引き続き同梱されていた3rd demoについても触れておくと、
今までの中では一番長い約10分の曲が1曲収録されたもので、
従来の路線から発展的な方向性を見出そうとしているように感じた。
が、当時ライブで聞いた限りはもう少しハードコアっぽいことをやりたそうに感じたが・・・

fatal_demo2.jpg

さて更にこのアルバムを購入した時にZDRさんから2nd demoを頂戴したので追記。
4曲入りで#1, 2, 4は1stアルバムに収録されている楽曲で、うち#4はライブ音源である。
#3はアコースティックなインストなので基本的には1stアルバムがあれば十分かと思う。

Encyclopaedia Metallum - Fatal Desolation
タグ: Fatal_Desolation  japan  2011  Darkthrone 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Only True Believers : Armagedda (2003) 

スウェーデンのブラックメタルバンド、Armageddaの2ndアルバムを紹介。
ポーランドのAgonia Recordsよりリリースされた。

Only True BelieversOnly True Believers
(2005/01/31)
Armagedda

商品詳細を見る


スウェーデンながらDarkthroneフォロワーな感じだった彼らが、
よりDarkthroneへのリスペクトを深めつつ、
曲の質を高めて「自分たちのブラックメタル」を提示したのがこの2ndアルバム。

Darkthroneの4th的なアプローチと似て非なるような、
邪悪さとノリの良さが混合されつつもシリアスさも忘れていないという、
聞きやすくも素晴らしいブラックメタルアルバムに仕上がっている。

決して新しい音ではなくあくまで90年代のブラックメタルからの産物ではあるが、
00年代前半の代表的なアルバムの1枚にはあげて差し支えないだろう。

Encyclopaedia Metallum - Armagedda
タグ: Armagedda  Darkthrone  Sweden  個人的良盤  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Depression Of Surtr : Moloch (2009) 

ウクライナの独りブラックメタルバンド、Molochのコンピレーション盤を紹介。
アメリカのBlackmetal.com Recordsよりlim.1000でリリースされた。

moloch_co.jpg

Molochの2007年~2009年に出した音源からのコンピレーション盤で、
彼の場合はダークアンビエントの作品も多いのだが、
このコンピは完全にプリミティブブラックメタルオンリーの作品である。

モノクロームでミサントロピックな風景を想起させる単調かつノイジーなギターの響きと、
デプレブラックナイズな絶叫ヴォーカルが添える形で進むスタイルだが、
アルバム後半はメランコリックなメロディとアグレッシブなスタイルも聞けるし、
Nargaroth、Moonblood、Darkthrone、そしてBurzumへのリスペクトも垣間見れる。
(後者2バンドはカバーも収録)

「音源を全て集めたら願い事がかなう」と言われるほどリリースが多く、
聞いてみたいけどどれを買ったら良いんだろう?となる人もいると思うが、
そういう人にはこの音源はちょうど良いのではないだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Moloch
タグ: Moloch  Nargaroth  Moonblood  Darkthrone  Burzum  Ukraine  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Those Who Unleashed : Tangorodrim (2002) 

イスラエルのブラックメタルバンド、Tangorodrimの2ndアルバムを紹介。
Aggressor Productionsよりリリースされ、後にApocalyptic Empire Recordsより再発された。

Tangorodrim2.jpg

以前紹介したHell Darknessのメンバーや、Orphaned Landに在籍経験のあるドラマーがいるバンドで、
恐らくイスラエルでもっとも有名なブラックメタルバンドだと思われる。

サウンドとしては"Darkthrone三部作"を最大限リスペクトした内容で、
単なる猿真似というよりかは上手に消化してミックスしているような印象。
更に言うと後にメタルパンク化したサウンドも一部先取りしているようにも感じる。

何しろ歌詞には以下のような文言も入っていて
Everyday I am into Darkthrone
(Into Bathory and Celtic Frost too)

その確信犯的なやり口には逆にそのクオリティの高さへの自信が伺える。

ゆえにDarkthroneが好きな人なら間違いなく気に入る内容だし、
クオリティの低い猿真似バンドとはレベルの差がはっきりしている良作だ。

Encyclopaedia Metallum - Tangorodrim
タグ: Tangorodrim  Darkthrone  Israel  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Distant in Solitary Night : Judas Iscariot (1999) 

アメリカの独りブラックメタルバンド、Judas Iscariotの4thアルバムを紹介。
アメリカのMoribund Recordsよりリリースされた。

Distant in Solitary NightDistant in Solitary Night
()
Judas Iscariot

商品詳細を見る


アメリカのブラックメタル(USBM)界隈ではかなりメジャーなバンドだが、
個人的にはこのバンドを知ったのはこの5~6年くらいの話で既に解散済みだった。
という訳で過去音源は聴いたことが無く、入ったのはこの音源からであるが、
ノルウェイジャンブラックの美味しいところが整理されていると感じた。

具体的にはDarkthroneBurzumGorgorothあたりか。
メロウなキャッチーさ、鬱屈さ、アグレッシブさを順に受け継いでいる。
素晴らしいのは決してそれらが模倣ではなく昇華されていることだろう。

USBMとしてはもう少し"異端"なブラックメタルを聴きたいところではあったが、
一つの完成されたノルウェイジャンブラックとして素晴らしいと思う。

なおこの音源は1996年に製作されたがレーベル都合?でリリースが遅れて、
5thと同年のリリースとなっている。

Encyclopaedia Metallum - Judas Iscariot
タグ: Judas_Iscariot  USA  Darkthrone  Burzum  Gorgoroth  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Supreme Black Force Of German Steel : Moonblood (2004) 

ドイツのカルトブラックメタルバンド、Moonbloodのブートレグアルバムを紹介。
"Not On Label"で誰がやったか不明なブート。(ブート嫌いの人には陳謝)

moonblood

前身バンド含めて1990~2000年に活動していたカルトブラックメタルバンドで、
リリースは全てカセットかLP、しかも少数リリースと、
カルト性を後生大事に保って解散したため世の中にブートレグが出回っている。
そのブートの中でも今回の紹介するものが一番よく出回っており、
これならDiscogsで500円ちょいで出ている。

内容としてはDarkthrone直系の直球リフとコールドリフを織り交ぜたものだが、
あれよりも意図的にアンダーグラウンド臭漂わせている音の使い回しが面白い。
それなのに中期Bathoryのようなエピック/ヴァイキングな勇壮さも感じさせ、
とても面白くも、危うさも感じるギリギリのバランスがカルトっぽい。

多分、これ以上少しでもクサくしてもカルトっぽさがないし、
これ以上にシビアにしても逆に普通のブラックになりかねないという辺り、
このバランス感覚がこのバンドのカルトブラックとして優れている点ではあるまいか。

Encyclopaedia Metallum - Moonblood
(この音源はブートのためリストに記載ありません)
タグ: Moonblood  Germany  2001-2005  Darkthrone  Bathory 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Total Death : Darkthrone (1998) 

ノルウェーのブラックメタルバンドの大御所、Darkthroneの6thアルバムを紹介。
ノルウェーのMoonfog Productions(Satyrのレーベル)よりリリースされた。

Total DeathTotal Death
(2006/02/28)
Darkthrone

商品詳細を見る


2nd-4thの3部作に続いて5thはグリムでドゥーミーなブラックに変貌したが、
さらにこの6thでは原点回帰というか先祖帰りというか、
これはBathoryの"Blood Fire Death"にかなり作風など寄せてきているイメージだ。

あまり詳しいことは知らないがこの作品はかなり難産だったらしく、
やはり3部作が彼らにしても大きい存在であったのだろうが、
Aggressor(Aura Noir)、Ihsarn(Emperor)、Satyr(Satyricon)、Rygg(Ulver)をゲストに招き、
歌詞を彼らに書かせているのも興味深い。

彼らが何を思っていたか邪推してみると、
自分たちのフォロワーに溢れたシーンが形骸化していく中で、
何が"True Black"かを模索している時期だったのではないか。

そういう視点で見ればDarkthroneというバンドがこの作品を作り上げたというだけで、
改めて腰を落ち着けて聞いてみると面白く聞けるアルバムである。

Encyclopaedia Metallum - Darkthrone
タグ: Darkthrone  Aura_noir  Emperor  Satyricon  Ulver  Norway  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ancients : Xibalba (2007) 

メキシコの古代マヤ文明ブラックメタルバンド、Xibalbaのコンピ盤を紹介。
メキシコのGuttural Recordsよりリリースされ、NWN!でもLPでリリースされた。

xibalba_comp

巷で話題の同名ハードコアバンドがいるが、個人的にXibalbaといえばこっち。
以前、1stアルバムを紹介済みだが(もう3年前か…)、
こちらのコンピ盤は1stより前のデモ音源とレアトラックで構成されている。

1stアルバムではDarkthrone+マヤ文明的なブラックだったが、
このコンピ盤はDarkthroneが白塗りブラックをやりだしたのとほぼ同時の音源で、
そのためまだ影響を受けておらず(笑)、
非常にロウな第一世代ブラックメタルをプレイしている。

しかし同時にマヤ文明的エッセンスが楽曲に怪しさを添えて、
単純なロウブラックにおさまらない何かになっている。
古代マヤ文明的エイシェントブラック!素晴らしい!

Encyclopaedia Metallum - Xibalba
タグ: Xibalba  Darkthrone  Mexico  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Suicidal Emotions : Abyssic Hate (2000) 

オーストラリアのデプレッシブブラックメタルバンド、Abyssic Hateの1stアルバムを紹介。
ドイツのNo Colours Recordsよりリリースされた。

abyssic_hate

バンド名はDarkthroneのIn the Shadow of the Horns(2nd収録)から引用しており、
また当初はAbsurdをカバーしたりするなど
アーリアン思想傾倒のプリミティブブラックをプレイしたが、
このアルバムでは自殺系ブラックと言われるようなデプレブラックになっている。

当初から自傷的な歌詞テーマ、ジャケットのデモも出していたが、
このアルバムでサウンドともに完全にデプレブラックになった。
この頃はまだシーンにおけるデプレブラックの存在感は薄く、
プリミティブ時代から知っている人からしたら賛否両論出た作品だった。

今聞いてみると自殺系ブラックのパイオニアの一つとして、
この時期周辺にShiningやらForgotten Tombやらも
似たようなアルバムを出していることを考えると、
後のシーンを作り上げた"芽"のようなアルバムに聞こえてくる。

Encyclopaedia Metallum - Abyssic Hate
タグ:   Abyssic_Hate  Darkthrone  Absurd  Shining  Forgotten_Tomb  1996-2000  Australia 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top