Long Live Death! : Flame Of War (2012) 

ポーランドのペイガンブラックメタルバンド、Flame of Warの4thアルバムを紹介。
Lower Silesian StrongholdWerewolf Promotionの共同でリリースされた。

flameofwar.jpg

近年、Dark Furyにも参加しているNjord氏の独りバンドで、
ゲストでドラムを叩いているP.氏はこのアルバム後に正式加入したらしい。

楽曲のテーマとしては古代学/近代戦争/ペイガニズムなどで、
いわゆる露骨なNS思想を謳ったものではない点では近年のポーランド勢と同様だが、
こちらは勇壮な血脈への誇りをアピールするかのごとく勇壮なメロディが耳を惹く。

いわゆる真っ当なペイガンブラックだといえるが、
そこらへんの凡百なバンドと比べるとそのメロディが優れている事、
そしてアグレッシブさ、勇壮さ、メロディの調和に優れているところで、
高品質なペイガンブラックに仕上がっておりなかなか好みであった。

Encyclopaedia Metallum - Flame of War
タグ: Flame_of_War  Dark_Fury  Poland  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Return Of Hate : Bustum (2010) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Bustumの1stアルバムを紹介。
ドイツのDarker than Black RecordsよりCDで、ポーランドのWerewolf Promotionよりカセットでそれぞれリリースされた。

bustum1.jpg

結成は1992年の古参バンドだが90年代にデモを3本出したきりで、
そのうちの1本は"First Day of the Aryan War"というタイトルで思いっきりNSBMっぽく、
今作品でもゲスト参加にDark FuryのRaborymやSelbstmordのNecroといった元Ohtar勢が並ぶなどそれっぽいメンツである。

内容としては "Temple of Fullmoon"系統といってよいであろう、
ノルウェイジャンブラックに作風としては近いもののフォーキッシュな奏でが挿入され、
若干ミサントロピックな印象が強いサウンドである。

正直、18年越しのフルレングスデビューでメンツも豪華でDarker than Blackから出ると言うことで、
どんなに強烈な音源なのかと思っていたのだが、
聞いてみるとそこまで記憶に強く残るようなインパクトはなかったのも事実。
ちょっとサウンドプロダクションがクリアな分、損しているかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - Bustum
タグ: Bustum  Ohtar  Dark_Fury  Selbstmord  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Saligia : Dark Fury (2010) 

ポーランドのNSBMバンド、Dark Furyの6thアルバムを紹介。

df.jpg

1997年より現在でも活動中のNSBMの中では比較的、息の長いバンド。
その割に界隈ではあまりいい評判を聞かないことでも有名(?)。

OhtarThor's HammerK.(Raborym)を中心としているが、
前記バンドと同じようにプリミティブでかつメロウなブラックメタルと思いきや、
こちらはかなりモノクロームで悪く言えば淡々としたブラックをプレイ。

決してセンスの悪い楽曲だとも思えないが、
展開の少なさ、これぞHateful Black Metalなのだろうか、
退屈に映る人にはあまり良い評価は貰えないように見える。

でも同じ悪評のHolocaustusよりは随分まともで全然聞けると思います。

Encyclopaedia Metallum - Dark Fury
タグ: Dark_Fury  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top