Haevn : Angantyr (2007) 

デンマークのブラックメタルバンド、Angantyrの3rdアルバムを紹介。
Det Germanske Folketよりリリースされ、Northern Silence Productionから再発された。

HaevnHaevn
(2011/01/11)
Angantyr

商品詳細を見る


前ポストに引き続き、Angantyrのアルバムを紹介。
北欧ブラック準拠にメランコリックさによる肉付けが素晴らしかった2ndに対して、
本作ではそれが完成されたような名盤に仕上がっている。

1曲目の"Et Varsel Om Dod"はヴァイオリンのイントロから始まり、
ドラマチックかつメランコリックなメロディが怒涛の如く炸裂。
この1曲目でヤラれてしまったリスナーも多いのではないだろうか。

また他の楽曲についてもアルバム通して締めるところは締めていて、
通してダレずに聞きとおすことができる完成度。
ある意味やり過ぎな1曲目が許容できるかでこの作品の満足度は決まりそうだが、
もちろん私は大満足な1枚である。グレイト!

Encyclopaedia Metallum - Angantyr
タグ: Angantyr  Danmark  個人的名盤  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Sejr : Angantyr (2004) 

デンマークのブラックメタルバンド、Angantyrの2ndアルバムを紹介。
Blasting Black Semtex Attackよりlmd.1000でリリースされた後、
Northern Silence Productionなどから再発されている。

SejrSejr
(2010/02/02)
Angantyr

商品詳細を見る


デプレッシブブラックのMake a Change... Kill Yourselfでも活動する
Ynleborgaz氏の多分こっちがメインのバンド。
あちらのようなスーサイド感まるだしとは異なり、
こちらはプリミティブなブラックメタルサウンドである。

デンマークという土地柄、やはり北欧ブラック準拠ではあるのだが、
このバンド特有のメランコリックさは特筆すべきものがある。
たまに挿入しているヴァイオリン(?)の奏でも良くマッチしている。

このサウンドの方向性は後の3rdで完成していると思うが、
プロトタイプとしての作品というだけでなく、
ブラックメタルのアグレッシブさという点でこちらの作品も推せる。

Encyclopaedia Metallum - Angantyr
タグ: Angantyr  Danmark  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

True Occult Astronomy Part II : Goatfago (2012) 

デンマークのブラッケンノイズバンド、Goatfagoの1stアルバムを紹介。
ブラジルのDeathcamp Recordsよりリリースされた。

goatfago1

Goat Vulvaの正式な後継者(と勝手に位置付けている)のがこのバンド。
元々デンマークのBeheritシンパのSadogoatというバンドの流れなようで、
なるほどBeherit~Goat Vulvaのマニアが作ったサウンドだ。

テーマとしては「宇宙・天文学・超常現象」(Graveより)らしいが、
サウンドとしてはとにかくオカルトで非商業的なノイズブラックだ。
Goat Vulvaは意図的に「低俗」なテーマをノイズにしていたが、
こちらはまた意図の異なる神秘的かつアンチテーゼの塊を表現している。

この音源もいわゆる好事家のためのものではあるだろうが、
あまりノイズに造詣の無い自分でも通して聞くことができたので、
「理解できる」カルト音源として優秀な作品なのではないだろうか。

Encyclopaedia Metallum - Goatfago
タグ: Goatfago  Goat_Vulva  Beherit  Danmark  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Terror Squad : Artillery (1987) 

デンマークのスラッシュメタルバンド、Artilleryの2ndアルバムを紹介。

Terror Squad (24bt) (Dig)Terror Squad (24bt) (Dig)
(2008/10/28)
Artillery

商品詳細を見る


これは酷いジャケットなのだが最高にかっこいいリフの塊のスラッシュアルバム。
1stの荒々しくおどろおどろしい雰囲気は無くなり、
また3rdほど様式美の感じる作風でもなく、
純粋なスラッシュメタルとしてはこれが彼らの一番の作品ではなかろうか。

刻みまくりのリフでツインギターが唸りまくりで超かっこいいし、
複雑な演奏をぎりぎりこなしてる感もまたくすぐられる!
Flemming Rönsdorfのヴォーカルも素晴らしい存在感。

これはヨーロピアンスラッシュメタルアルバムの名盤だろう、グレイトォ!
日本のTerror Squadもこのアルバムから名前をとっている。

Encyclopaedia Metallum - Artillery
タグ: Artillery  Terror_Squad  個人的名盤  Danmark  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Fear Of Tomorrow : Artillery (1985) 

デンマークのスラッシュメタルバンド、Artilleryの1stアルバムを紹介。

Fear of Tomorrow (24bt)Fear of Tomorrow (24bt)
(2008/09/02)
Artillery

商品詳細を見る


スラッシュメタルの名盤といえる2nd、3rdに比べるとやや影の薄い1stだが。
演奏面も含めて十分質の高いスラッシュメタルを展開。

アグレッシブさは2ndの方がだいぶ上だが、
サウンドプロダクションの妙味もあってか、おどろおどろしいスラッシュであり、
このようなサウンドがこの時期にデンマークと言う土地で生まれていたのは凄い。

ちなみに結成は1982年で自分と同じ年なため、そこらへんがビビッとくるのだが、
アメリカではMettalicaSlayerが生まれていたころであり、
このバンドの凄さを改めて思い知るのであった。

Encyclopaedia Metallum - Artillery
タグ: Artillery  Danmark  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Future World : Pretty Maids (1987) 

デンマークのハードロック/ヘヴィメタルバンド、Pretty Maidsの2ndアルバムを紹介。

Future WorldFuture World
(1998/06/30)
Pretty Maids

商品詳細を見る


デンマークのヘヴィメタルバンドでは一番のビックネーム。
1981年結成で、何と今でも活動中とのことで来年は30周年。素晴らしい!

このアルバムのサウンドはデンマークのバンドということで、
北欧式様式美を織り交ぜたポップなハードロックに仕上がっている。

ヴォーカルのRonnie Atkinsが器用に色んな発声を織り交ぜているので、
それが色々な曲調によく対応していてアルバムを通して飽きがこないものに仕上がっている。

またジャケットの豊かな色彩美は、曲調、もしくは曲のタイプの多さと相まってピッタリ。
もしくはバンドメンバーの当時の格好も時代を感じてなかなか凄い。

良質なハードロック/メロディックパワーメタルアルバム。

Encyclopaedia Metallum - Pretty Maids
タグ: Pretty_Maids  Danmark  個人的良盤  1986-1990 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

By Inheritance : Artillery (1990) 

デンマークのスラッシュメタルバンド、Artilleryの3rdアルバムを紹介。

By Inheritance (24bt) (Dig)By Inheritance (24bt) (Dig)
(2008/12/09)
Artillery

商品詳細を見る


オリジナルアルバムは全10曲だが、最近のRe-issue盤は6曲のボートラが付いている。
リマスター盤なのでオリジナルより音質も向上しており、ちょっと欲しい。

昔の日本版は全9曲で、01 / Khomaniacという曲が除かれていた。
これは当時、湾岸戦争という情勢下だったのが原因(しかも日本盤だけ)。
その曲が中東的旋律を駆使した名作だったから、その悲劇は倍増された。

そういえばデンマークのバンドといえば、
例えばRoyal Huntとか、Pretty Maidsのような様式美が特長で、
このアルバムもスラッシュメタルでありながら美しく練られた楽曲である。

ザクザクに音を刻みながら緊張感と様式美を同時に感じさせるっていうのが凄い。
スラッシュメタルの名盤だ!
タグ: Artillery  個人的名盤  Danmark  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top