Bloody Mary : Tudor (1992) 

チェコのブラックメタルバンド、Tudorの1stアルバムを紹介。
オリジナルはカセットテープによる自主リリースだったが、2009年にタイのSlava ProductionsよりCDでlim.1000で再発された。本稿もその再発盤を取り上げている。

tudor.jpg

チェコの初期ブラックメタルというとMaster's HammerRootが二大巨頭だろうが、
このバンドも1987年結成の超古参バンドである。

そもそもチェコのこの頃のブラックメタルはまだ北欧トレンドに侵食される前の、
各々ピュアな表現で邪悪な音楽をやろうとしていて、
Master's Hammerはスラッシュメタルを邪悪にしようとしていたし、
RootHellhammer信奉を切り口にオリジナルな音楽を形成していたが、
なんとこのTudorは正統HR/HMの流れを汲んだブラックメタルをプレイしている。

というよりもヴォーカルスタイルといいメロディラインといい、
これはブラックメタルとは言い難いスタイルのようにも感じる訳であるが、
どことなく背徳感のある雰囲気を醸し出しているという点でやはり初期チェコブラックらしい作品。

彼らはこのアルバムの翌年に解散したものの2001年に再結成して今も活動しているようだ。
現在はインダストリアル要素のあるスラッシュメタルをやっているらしい。

Encyclopaedia Metallum - Tudor
タグ: Tudor  Master's_Hammer  Root  Czech  1991-1995 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Hammer Of Antichristian Detonation : V/A (2012) 

チェコのDetonator666、ブラジルのHammergoat、イタリアのTundraによる3wayスプリット盤を紹介。
ブラジルのHammer of Damnationよりリリースされた。

va_hammer.jpg

Hammergoat目当てで購入した3wayで購入時点では他2バンドは未聴。

Detonator666はチェコブラックらしいどことなく無機質な狂気が光るブラック。
かなりハーシュノイズきかせていてガビガビなところがまたそれを煽っている。
Maniac Butcherのギターも在籍している。

Hammergoatは安心の爆走ウォー/プリブラ。
1stフルよりさらに血管ぶち切れ系になっていて、
Evilが落ち着いてきているのでこっちで発散している?
おまけにドイツのPoisonのカバーというのもグッとくる。

Tundraはイタリアブラックらしくないような気がする、
がちゃがちゃ系のプリブラをやっていて、
Vonの"Watain"のカバーが素晴らしい。

聴く人は選ぶであろうが個人的には良スプリット。

Encyclopaedia Metallum - Detonator666
Encyclopaedia Metallum - Hammergoat
Encyclopaedia Metallum - Tundra
タグ: Detonator666  Hammergoat  Tundra  Czech  Brazil  Italy  Maniac_Butcher  Poison  Evil  Von 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

War is the only way : War for War (2006) 

チェコのブラックメタルバンド、War for Warの1stアルバムを紹介。
今は亡きLong Ago Recordsからリリースされた。

warforwar

懐かしい…Long Ago Recordsから購入した記憶がふつふつと蘇るアルバム。
ジャケットやバンド名で判断した時はいわゆるWar Blackを目的で購入したのだが、
聞いてみたらなるほどMardukっぽいスウェディッシュなファストブラックだった。

チェコのブラックメタルバンドというとManiac ButcherKult Ofenzivy
それにDetonator666あたりは思いつくのだが、この手のブラックは知る限りこのバンドだけ。
この手のブラックは個人的には最初はグッときてもその後が続かない。
何度も聞こうと思わないんだな、これは多分趣向の問題だけど。

ラストトラックにはカバーとしてこれまたスウェーデンのSiebenbürgenの1stからカバー。
これまたMardukとは全く異なるメロディックブラックであり、
とにかくスウェーデンのブラックが好きで好きでしょうがないのかな。

Encyclopaedia Metallum - War for War
タグ: War_for_War  Czech  Marduk  Siebenbürgen  2006 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Radikalni Ateismus - Tvurerum Nadeloveka : Kult Ofenzivy (2009) 

チェコのブラックメタルバンド、Kult Ofenzivyの2ndアルバムを紹介。
アメリカのDeathgasm Recordsからリリースされた。

kulto2

Sator Marte、Dirris、Valraukarといったチェコのバンドのメンバーがセッションしているらしいが、
中心人物は正体不明になっている神秘的なバンド。
アルバムタイトルは英訳すると"Radical Atheism - To the Creators of the Overman"と、
神秘的な哲学思想を持っているバンドなようだ。

楽曲はDarkthroneの4thとGorgorothの3rdあたりを足して二で割ったような、
耳馴染みの良いリフと攻撃性がうまい具合に絡んでいて、
オリジナリティがあると言う訳でもないが良質な作品。

ブラックメタルの神秘主義にはバンドによって疑問に残るところもあるのだが、
歌詞の英訳を読んでみるとニーチェにどっぷりつかっていて、
このバンドの場合、思想とバンド活動が良い方向に調和していると思う。
比較的手に入りやすいアルバムなので気が向いたらどうぞ。

Encyclopaedia Metallum - Kult Ofenzivy
タグ: Kult  Ofenzivy  Czech  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Necrosadistic Surgery : Bizarre Embalming (2002) 

チェコのゴアグラインド/デスグラインドバンド、Bizarre Embalmingの1stアルバムを紹介。

bizarreembalming.jpg

フルレングスはこの一枚で解散してしまったバンドのデビュー作品。
メンバーの一部はIsacaarumというデスグラインドバンドで活動継続中のようだ。

あまりこのジャンルに精通しているわけではないが、
ゴアグラウンドっていう程、ゴアゴアしていない。
(もっともバンド名とか、歌詞とかはゴアな感じだが)

そういう意味では"ゴアメタル"に近いかも。
メタル好きだけどゴアグラインドはちょっと…という人には良盤では。
ギターやドラムなどの演奏技術もなかなか。

にしてもチェコのメタルってなかなかコアな感じで良いよね。

Encyclopaedia Metallum - Bizarre Embalming
タグ: Bizarre_Embalming  Czech  2001-2005 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top