None So Vile : Cryptopsy (1996) 

カナダのテクニカルブルータルデスメタルバンド、Cryptopsyの2ndアルバムを紹介します。

None So VileNone So Vile
(2001/04/17)
Cryptopsy

商品詳細を見る


ドラマーのFlo Mounierの超人的なテクニックが目玉のこのバンドですが、
実際のところ、アルバムごとにその内容、出来などが違うのも面白いところだと思います。
それだけFlo Mounierの懐が深いということでしょうね。

3rdアルバムでは複雑でありながらメロディカルなテクニカルデスでしたが、
この2ndアルバムのほうはブルータルデスメタル+テクニックという内容になっています。

Lord Wormの超人的なグロウルでブルータルさが強調されており、
リズム隊と共に蹂躙の限りを尽くしています。

ブルータルデスというと、Suffocationあたりが始祖だと思いますが、
このアルバムを聴いてみると新世代ブルータルデスメタルの誕生とも言える内容ですよね。
強いていえば後期Dearhを手数を増やしてブルータルにしたような感じ。

ちなみにジャケットワークですが、聖書の物語から引っ張ってきています。
イエス・キリストに洗礼を授けた「洗礼者ヨハネ」の首を持つ美少女「サロメ」です。

サロメは、新約聖書に登場する女性。サロメの義理の父は、ユダヤのヘロデ大王の息子である古代パレスチナの領主ヘロデ・アンティパス。また、サロメの実父はヘロデ・アンティパスの弟であるため、ヘロデ・アンティパスの姪でもある。サロメの実母は、ヘロデ・アンティパスの弟の妻であり、後にヘロデ・アンティパスの妻となったヘロディア。サロメは、ヘロデ・アンティパスに、祝宴での舞踏の褒美として「好きなものを求めよ」と言われ、母ヘロディアの命により「洗礼者ヨハネの斬首」を求めた。
Wikipedia サロメ (ヘロディアの娘)より

キリスト教的観念では内容は背徳的であり、
それをジャケットに持ってきているのもなかなか興味深いものですし、
何より良くも悪くも目を引くジャケットになっています。
タグ: Cryptopsy  Canada  好きなジャケット 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Whisper Supremacy : Cryptopsy (1998) 

カナダのテクニック・ブルータルデスメタルバンド、Cryptopsyの3rdアルバムを紹介。

Whisper SupremacyWhisper Supremacy
(2006/03/01)
Cryptopsy

商品詳細を見る


2nd"None So Vile"ではLord Wormの暴虐性たっぷりデスだったが、
ヴォーカルがMike Disalvoになったことで、
人外から人間のヴォーカルとなったので、良くも悪くも聞きやすいようになっている。

複雑でテクニカルな楽曲でありながら、非常に聞きやすいデスメタル。
何といっても名手Flo Mounierの存在が影響している。
ただの高速ドラムだというだけでなく、リズムが卓越しており、
ジャズドラムのプレイヤーでもあるのがよくわかる。

プログレッシブデスメタルというほどの複雑さもなく、
どちらかというとグラインドコアって感じかしら。
タグ: Cryptopsy  Canada  1996-2000 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top