Nekrolog : Forgotten Darkness (2007) 

ドイツのブラックメタルバンド、Forgotten Darknessの2ndアルバムを紹介。
ドイツのEwiges Eis Recordsよりリリースされた。

Forgotten_Darkness2.jpg

1stアルバムから連続しての投稿ということで比較が主になるが、
路線をファストブラックからデプレブラックにしちゃったの?というくらい、
ミドルテンポを多用する哀愁たっぷりな作品に仕上がっていて、
音の仕上がりも金切声に聞こえないくらい低音にチューンされている。

結果としてとても聞きやすいアルバムに仕上がっていて、
特に#02 "Hass" はこの系統であれば名曲と言って良いのではなかろうか。
今聞き直すとプレColdworldみたいにも聞こえる。

ブリザード感の著しい減退は彼らの個性をも失ったような気もするが、
哀愁メロディブラックの佳作である。

Encyclopaedia Metallum - Forgotten Darkness
タグ: Forgotten_Darkness  Germany  Coldworld  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

A Glimpse of Glory : Lustre (2010) 

スウェーデンのデプレッシブ/アンビエントブラックメタルバンド、Lustreの2ndアルバムを紹介。
イタリアのDe Tenebrarum Principioよりリリースされた。

Glimpse of GloryGlimpse of Glory
(2010/09/23)
Lustre

商品詳細を見る


Coldworldがツボにはまった時期に同系統で見つけた一枚。
あのバンドに比べるとシンセサイザーによるアンビエントの様相は強いが、
真夜中の雪景色を想像させるような凍てつく寒さと澄んだ空気の味わいは同じ。

こちらの場合はギターリフでも聞かせようとするよりかは
若干ミニマルドローンっぽい曲展開でじわりじわりとくる感じなので、
メランコリックさでガンガンくるタイプを期待すると違う感じ。

たった3曲で40分越えは気の短い自分には長すぎるようにも思えるが、
寝る前に聞くとなかなか良い睡眠導入になる。
最近も音源を精力的に出しているようだ。

Encyclopaedia Metallum - Lustre
タグ: Lustre  Coldworld  Sweden  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Stars Are Dead Now : Coldworld (2006) 

ドイツのアトモスフェリック/ディプレッシブブラックメタルバンド、ColdworldのEPを紹介。
Ancient Dreamsからlmd.50(CD-R)でリリースされ、
2008年、2011年にWolfsgrimm Recordsから再発された(今回紹介するものもこれ)

coldworldep

1stで爆発的に支持を獲得して「みんな大好きColdworld」とまで言われるようになり、
当初proCDRで50枚限定だったEPも再発に至っている。

1stほどの荒涼かつメランコリックな作風は少々影をひそめて、
もう少し薄暗いモノクロな世界観を表現しており淡々としている印象。
それでもこのバンドならではの"解りやすい"旋律は健在であり、
なるほど1stの音楽性の輪郭はしっかり捉えている。

1stを聞いて同じ作風のものが聞きたい人にお勧めすると言うより、
Coldworldというバンドに興味を持った人にオススメすべき作品であろう。
また1stがちょっと「甘すぎる」と感じた人にも是非お勧めしたい。

Encyclopaedia Metallum - Coldworld
タグ: Coldworld    Germany  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Melancholie² : Coldworld (2008) 

ドイツのアトモスフェリック/ディプレッシブブラックメタルバンド、Coldworldの1stアルバムを紹介。
ドイツのCold Dimensions (Prophecy Prod.のサブレーベル)からリリースされた。

MelancholieMelancholie
(2008/04/14)
Coldworld

商品詳細を見る


バンド名とアルバム名がよくサウンドを体現していて、
冬という自然の厳しさ、荒涼感と優しさみたいなものが、
シンセワークとノイジーなギターを貴重に表現されている。

時にシューゲイザーとも思えるような温もりと冷たさを感じる、
メランコリックなサウンドがとてもここちよく、
ここ日本でも人気の高いアルバムであることが良く理解できる。

この手のアルバムはつまらない作品も多いのだが、
緻密で計算された楽曲展開が飽きさせず、
さすがこのアルバムのクオリティは非常に高いので安心。

Encyclopaedia Metallum - Coldworld
タグ: Coldworld  Germany  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top