[Live] Black Sacrifice vol.005 Celestia Japan Tour @ 難波ロケッツ (10/16)  

日本の随一のブラックメタルイベントとなった通称ブラサク。
今回はフレンチブラックの大御所、Celestiaが来日。
主催者は結構大変そうだったけど…。

どちらかというとお目当ては日本勢の方だったんですけどね。

1. Fra Hedensk Tid (Shizuoka)
 元々Kawana氏の独りブラックだったが、去年末からFenrisulfのShuri氏がヴォーカルで加入している。Kawana氏がドラムマシンをスタートさせて曲が始まり、曲の激しさとはうってかわってかなり淡々と進行する。ノルウェイジャンブラックの激しい曲でありながらフレンチブラックの怪しさがミックスされたようなサウンド。マシンじゃなくて誰かプレイヤーがいればもっと見栄え良かったかなあ。この時点ではまだ観客が全然前に来ず、多分2人くらいしか最前にいなかった。私はその中の一人でした。

2. Infernal Necromancy (Nagoya)
 念願のIxNxを生で見ることができて感激して精神的に小便漏らした。最前列でめちゃくそ首振って今も首痛い。めちゃくそかっこよかった。もう今でも目をつぶれば思い出すほどカッコよかった。シンプルな曲進行でありながら単純な曲でないというか、とにかくかっこいい。KaitenやWar Godなどやってほしい曲はバッチリ聴けたのだが、もっと聞きたかった。30分くらい?もう少しやったかな?もっと聞きたかったなあ。MCも感動した。CelestiaのNoktu社長がサイコ氏にコンタクトを取っているとか。いつか海外でもプレイするかも?

3. Cataplexy (Osaka)
 M.Curselord氏が本ライブをもって脱退、残念ながら新ヴォーカルが見つかるまで活動をペンディングするようです。んーーーーー、非常に残念、おしい、M.Curselord氏のヴォーカルは日本のブラックメタル界でも随一の表現力を持っていたと思うので、このライブが最後かと思うと残念。前回のブラサクでは2ndアルバム再現だったので、このライブでは1stの曲もプレイし、メモリアルなライブとして頭に刻まれたのだった。いつでも、戻ってくるのを私は待っています。

4. Celestia (France)
 始まる前はですね、IxNxとCxのダブルヘッドライナー終わったから帰るか、みたいな冗談を言っていたくらいあまり興味がなかったので会場の後ろの方で見てました。Noktu社長がマツコ・●ラックスみたいないでたちで現れて、他のメンバーは全員スキンヘッドのコープスペイントでこれは・・・と思ったが、さすがにブラックメタルの本場だけに雰囲気からしてさすがやなあと思うところも多く、でもフレンチブラックはそんなでもーと思いながら後ろにいたのですが最後の方は前に出て腕を振ってました。アンコールで名曲Spectraをプレイしてくれて満足。

全体の感想
 凄く良いイベントで、ツアーTシャツも購入しましたし思い出に残るライブになりました。全体的にクオリティの高いバンドばかり集まり、時間もダラダラ冗長に伸びず、理想的なライブだったかなあ。ただし客入りが少ない・・・大阪ではこんなものなのかもしれません。でも地元Cataplexyは現メンバー最後だし、IxNxも久々にライブで見れるんだし、おまけに?Celestia来日だからもっともっと人が来ても良かったのではなかろうか。ちょっとさびしさも覚えました。こういうアンダーグラウンドの音楽シーンってリスナー自身も参画しないと、容易に潰れる脆いものです。逆に言えば自分たちがCD買う、ライブにいく、って言う行為自体が大きな意味を持っているということでもあります。主催者の頑張りに敬意を表して、これからも参加していきたいと思っています。
タグ: Fra_Hedensk_Tid  Infernal_Necromancy  Cataplexy  Celestia  live 
Live  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Live] Black Sacrifice Vol. 004 - Cataplexy Release Tour -  

日本のブラックメタルバンド、Cataplexyのレコ発ライブ。
場所は新大久保のアースダムにて。
GW中の土曜日開催という日取りが神がかっていたので参加できました。

最近はグラインドとスラッシュメタルのライブに行っていたので、
ブラックメタルのライブはMayhem 25周年ライブ以来だった。

18時半開演ということで特に時間の遅れもなくスタート。
時間どおりに始まるライブって良いね。

1: Return
東京の3ピースのブラッケンスラッシュメタルバンド。
3ピースのスラッシュというだけで最高にググッと来るのに、
もちろんサウンドも禍々しくて最高なイーヴィルスラッシュだった。
右側スピーカー前最前列にいたため、
スピーカーから出てくるその強烈な音に圧倒しながら興奮した。
トップバッターで一気に会場の雰囲気を攻撃的に包み込んだのはさすがです。

2: Valkyrie
東京のドゥームメタルバンド。メンバーが豪華。
デモを買っておいたんですが連休中に聞こうと思ってたのに聞く時間無かった。
ライブの1曲目はスラッジ/ドゥームという感じで、
ライブで聞くよりCDで聞きたいなあと思ってしまい、
アースダムは音圧が高すぎてバースペースに避難してしまいました。
その後、結構良かったという話を聞いて残っていればよかったと後悔。

3: Hakuja
Funeral ElegyHakuja氏の一人バンド。
今回はCataplexyのメンバーがサポートで入っていた。
CDの方は打ち込みだったため綺麗な音だったが、
生音でもばっちりカッコいいサウンドだった。
氏は元々メロディックなメタルやスラッシュメタルをプレイしていた経験があり、
それらが反映されながらも洗練されたメロディックなブラックメタルを聞かせてくれた。
今回が初のライブだったとのことで今後も期待したい。

4: Fatal Desolation
仙台のブラックメタルバンド。
ずっと生で見たかったので今回は凄く楽しみにしていたのだが、
その期待に応えてくれておつりも出た圧巻のパフォーマンス。
Darkthrone+ハードコアパンクの精神という感じで、
そのサウンドも素晴らしかったのだがアティチュードがヒシヒシと伝わってきた。
もはやブラックメタルという枠組みを超えて出ていきそうな勢い。
次の作品は予想以上のものを作ってくれそうな期待感が高まった。
しかしここで私の右耳が壊れました・・・

5: Cataplexy
耳がブロークンしていたので少し後ろから見ておりました。
2ndアルバムを全てプレーする至れり尽くせりの内容。
内容は曲ごとにどんどん良さが高まっていくような感じで
ライブのボルテージもどんどん上がっていくのを肌で感じていました。
しかし耳が!耳がキーン状態で残念ながら心底楽しむことはできず。
泣く泣く物販で2ndを購入しました。

最後に。

ブラックメタルのライブとは思えないくらい
会場がノリにノッた状態になったのは驚きましたが、
日取りの良さ、そしてイベントが浸透してきたこともあり、
大成功だったと言えるのではないでしょうか。
今後も継続的にイベントを行ってほしいと思いました。
タグ: Live  Return  Valkyrie  Hakuja  Fatal  Desolation  Cataplexy 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Fields of the Unlight : Cataplexy (2003) 

日本は大阪のブラックメタルバンド、CataplexyのデビューEPを紹介。

Fields of the Unlight

2曲入りEPで500枚限定リリース。
どういう経緯かで手元にあるが、「Your Number 187/500」と判が押されていた。

気合の入ったヴォーカルと、結構メロディラインがはっきりした効きやすい楽曲。
それでいてどこか寒々しいところは北欧ブラックメタルを想像させる。
ドラムのスネアを張りまくりのパタパタした音は、
わざとだとしたらGorgorothあたりのリスペクトかな?

既存のブラックと区別、凌駕できるような出来ではないにせよ、
日本のバンド云々抜きにして十分楽しめるブラックメタルEP。
結成してから20年近く未だに活動しており、これからも頑張ってほしい。

Encyclopaedia Metallum - Cataplexy
タグ: Cataplexy  Japan  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top