Pure Harmony of the Night / Pośród Złowieszczej Ciszy : Pagan Forest (2005) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Pagan Forestのコンピレーション盤を紹介。
ポーランドのAlles Stenarよりリリースされた。

paganforest.jpg

バンド名がいかにも自動命名されたかのような直球型で90年代に結成。
1996年~2004年に出したデモのうちの3枚のコンピ盤。
ポーリッシュブラック人脈のバンドではなく他ジャンルでのバンド経験者ばかり。
(このコンピ中にも何回かメンバーの脱退と加入があったようだが)

かなりキーボードをフィーチャーしていて笛などもサンプリングで出している。
フォーキーなメロディを混入させるところはポーリッシュペイガンぽいと思いきや、
急にヴォーカルがクリーン(オペラ)になったり、
曲調を急に転換させたりと中々めまぐるしい内容。

スタイルとしては小難しくした中期Borknagarという感じ。
表現の幅は広く、確かに他ジャンル経験者ばかりゆえの内容だと思うが、
同時に掴みどころがない輪郭のぼけた作品だとも言える。
そういう意味ではラストの"Dzien"はやりたいことが解りやすく出ていて良曲。

Encyclopaedia Metallum - Pagan Forest
タグ: Pagan_Forest  Poland  Borknagar  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

From the Tomb to Nature's Blood : Lux Divina (2009) 

スペインのペイガンブラックメタルバンド、Lux Divinaの1stアルバムを紹介。
アメリカのArs Magna Recordingsよりリリースされた。

Lux_Divina1

母なる大地とペイガニズムを歌いあげているバンド。
ジャケットが白いのでかなり寒いサウンドを期待するとそうでもない。

初めて聞いた時は完全に中期Borknagarだと思ったほど、
オペラのようなクリーンボイスの挿入の仕方などそっくりなのだが、
ときおりメランコリックで扇情的なメロディを挟んでくるのが特徴。

クリーンボイスの挿入が多すぎる気もして、
個人的には少し煩わしく感じてしまった部分もあるが、
中期~最近のBorknagar好きならイケるのではなかろうか。
また#06"The Oracle of the Funeral Trees"はペイガンブラック好きに美味しい佳曲。

Encyclopaedia Metallum - Lux Divina
タグ: Lux_Divina  Borknagar  Spain  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Epic : Borknagar (2004) 

ノルウェーのフォーク/ブラックメタルバンド、Borknagarの6thアルバムを紹介。

EpicEpic
(2004/08/10)
Borknagar

商品詳細を見る


結成当時はGorgoroth、Immortal、Enslaved、Ulverのメンバーの豪華プロジェクトだったが、
本作品では既にその全員がバンドを離れており、
オリジナルメンバーはOystein G. Brunのみとなっている。

音楽性は初期のトラッド色の強いブラックメタルを引き継ぎつつも、
メンバーの変遷に伴い、よりエピック色の強いヴァイキングサウンドが特徴で、
ブラックメタル色はかなり減退していると言ってよい。

良く言えばメジャーサウンドに近づいたとも言えるが、
ほのかに感じるEnslaved譲りのプログレヴァイキング要素が、
楽曲をタイトにしており、聞きどころは多い。
タグ: Borknagar  Norway  2001-2005 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top