Suicidal Salvation : Black Altar (2013) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Black AltarのEPを紹介。
ドイツのDarker than Black Recordsよりリリースされた。

black_altar_suicidalsalvation.jpg

以前2ndを紹介したが今作は素直にグレードアップ。
元々音楽的な側面にフィーチャーしたブラックメタルをやっているという発言もあったが、
単なる邪悪さではない重厚な世界観を表現したものになっている。

今回は明確にセッションドラマーがいるようだが正確なドラミングで、
シンセサイザーやSEの使い方も実に巧み。
どうやらFuriaMassemordのNihil氏が参加しているようだ。

但し音の分厚さ、曲の展開など少々疲れるところもあり、
そこに関しては「隙の無さが敬遠されるかも」と2ndアルバムでも指摘したとおりだが、
更にそれも進化しているところはまさに「個性」というやつなのだろう。
そういう意味ではEPくらいの尺はこのバンドにはちょうどいいのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Black Altar
タグ: Black_Altar  Poland  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Death Fanaticism : Black Altar (2008) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Black Altarの2ndアルバムを紹介。
ポーランドのOdium Recordsよりリリースされた。

Death Fanaticism [12 inch Analog]Death Fanaticism [12 inch Analog]
(2011/04/04)
Black Altar

商品詳細を見る


1996年にShadow氏を中心に結成した結構古参のポーリッシュブラックだが、
この作品を前に彼以外の3人全員が脱退してしまう憂き目にあい
新たにギタリストとしてHorizon氏が加入しての作品。
ちなみにリリース元のOdium RecordsShadow氏がオーナーである。

ラインナップにドラマーがいないので多分打ち込みだと思われるが、
サウンドプロダクションが非常に良好でありマシンドラムも浮いていない。
ここまでシャープな音作りをされると感心してしまうほど良好だ。

やっていることはかなり手数が多いファストなブラックメタルだが、
楽曲の緩急がついていてメリハリがあるから聴いてて疲れない。
しかしそれらの隙のなさがオールドスクールBM好きからは逆に敬遠される気もする。
個人的にも良い作品だと思いつつヘヴィロテには至らなかった。

Encyclopaedia Metallum - Black Altar

ちなみにこのインタビューを見るとこのバンドの初期音源にVaderのDocが一部かかわっていたらしい。
タグ: Black_Altar  Vader  Poland  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top