Тенью сквозь Смерть : Raven Throne (2008) 

ベラルーシのペイガンブラックメタルバンド、Raven Throneの2ndアルバムを紹介。
ロシアのGardarika Musikkよりリリースされた。

raventhrone2.jpg

ベラルーシのメタルバンドというと今までこのブログでは
TrunarLitvintrollの2つのバンドを紹介してきた程度で、
今回のRaven Throneも含めて"土地柄"のようなものは見えてこない。
つまりこのアルバムもオリジナリティというよりフォロワー的な作品であるということだ。

特徴としては90年代のノルウェイジャンブラックのサウンドのフォロワーであり、
かつミドルパートにおいてアトモスフェリックで渋い要素を取り入れているところである。
また4曲目はなかなかなブリザードブラックを見せ、なるほどアルバムラストにImmortalのカバーが。

ことメタルに関してはまだまだ辺境の地であるベラルーシにおいて、
その辺境っぷりがサウンドに反映されているとマニア受けしそうだが、
結構まともなフォロワーで面白味は少ないように感じた。
(諸外国から日本のバンドを見ると同じように見られているのかも…)

なおユ○オンに買取見積もり出したら20円だったので、
結局売らずに手元にあったりする。

Encyclopaedia Metallum - Raven Throne
タグ: Raven_Throne  Trunar  Litvintroll  Immortal  Belarus  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Christs Not Christians : Trunar (2009) 

ベラルーシのブラックメタルバンド、Trunarのデモを紹介。
Wings of Destruction Prod.とDead Center Prod.からCDで再発された。

trunar.jpg

比較的辺境国っぽいベラルーシだが、
実は結構メタルが盛んなのかバンドを多く輩出している。
そんなバンドの中の一つだが特に話題に上がらず、
このデモ以来、新しい音源が出ているわけではない。

しかしこのデモを聞いてみるとクオリティは案外悪くない。
たまに出てくるトレモロリフに妙に惹かれるところがあったり
全般的には冗長だったり地味目だったりするものの憎めないアルバム。

辺境地ブラック好きなら聞いてみてもよいだろう。
でもぶっ飛んでヘンテコとかそういうのを期待すると、
ストレートなブラックメタルでズッこける。

Encyclopaedia Metallum - Trunar
タグ: Trunar  Belarus  2006-2010 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Distances Of Cold : Ordo Templi Orientis (2010) 

ベラルーシのディプレッシブ/ポストブラックメタルバンド、Ordo Templi Orientisの3rdアルバムを紹介。

OTO3.jpg

ジャケットの物憂げな女性と、自然のぬくもりを同時に感じるジャケットは、
そう、あのAlcestの1stあたりを思い浮かべるものの、
ところがどっこい、このアルバムの内容は希望を感じるサウンドではなく、
いわゆるディプレッシブブラックメタルを基調にしたエクストリームサウンドだ。

他にノイズとかダークアンビエント、ポストロックにシューゲイザー、
色んなところからアイディアを持ち寄っているように感じるものの、
それらは全てパッチワーク的な集合体であり、
一つの作品としての一貫性に欠けているようにも思える。

そういう意味合いでのカオス感を味わうならお勧めの作品だが、
この手のジャンルにはもう少しストレートさを求めたい自分にはあまり合わなかった。

Encyclopaedia Metallum - Ordo Templi Orientis
タグ: Ordo_Templi_Orientis  Belarus  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Rock'nTroll : Litvintroll (2009) 

ベラルーシのフォークメタルバンド、Litvintrollの1stアルバムを紹介。

70726f647563742f383135666236343836322e6a70670032353000.png

辺境地メタルマニア待望のベラルーシからのお届けもの。
バンド名などから想像してFinntroll的なサウンドを想像していたけど、
牧歌的フォークサウンド全開のお気楽ピーヒャラ笛メタルを展開。

何がRock'n(T)rollなのか解らないほど牧歌的で、
曲名のほとんどがロシア語?なのか全く解りません!

笛はバグパイプの一種の民族楽器を使用しているらしく面白い。
そして微妙にリズムが合ってないというか、絶妙な不協和音が何かをくすぐられる。
しかも最後にはJudas Priestのカヴァーまで入っていて予想の斜め上だった。
Breaking The Lawを笛メタルでカヴァーしていて笑ってしまった。

Encyclopaedia Metallum - Litvintroll

買うならこちらがよいのでは。
タグ: Litvintroll  Belarus  Judas_Priest  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top