Monolith : In Mourning (2010) 

スウェーデンのプログレッシブメロディックデスメタルバンド、In Mourningの2ndアルバムを紹介。

MonolithMonolith
(2010/02/02)
In Mourning

商品詳細を見る


同郷のOpethからの影響が大きいと言われるバンド。
確かに技巧的でプログレ思考なリズム陣などそう感じなくもないが、
そこまでプログレッシブな雰囲気を感じず、
むしろメランコリックなゴシックメタルというように感じた。

そのメランコリックさとか、見え隠れするモダンヘヴィネスへのアプローチなど、
何となくあざとさを感じてしまうためのとオリジナリティにかける気も。

Barren Earthが好きな人などは美味しく頂けるとは思うが、
こういうジャンルに精通している人は食傷気味になるかもしれない。

Encyclopaedia Metallum - In Mourning
タグ: In_Mourning  Sweden  Opeth  Barren_Earth  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Curse Of The Red River : Barren Earth (2010) 

フィンランドのプログレッシブ/サイケメタルバンド、Barren Earthの1stアルバムを紹介。

Curse of the Red RiverCurse of the Red River
(2010/03/23)
Barren Earth

商品詳細を見る


以前、紹介したEP盤"Our Twilight"を先行としてのフルレングスアルバム。
一曲"Our Twilight"だけ被っているが、ちょっとバージョンが異なる。
このアルバムに収録されている方が1分近く長い。

EP盤とほとんど印象は変わらず70年代プログレ+Amorphisチックなサイケ臭。
とりあえずOpethAmorphisSwallow the Sunあたりでビビッと来るなら、
買って損はないアルバム。

でもそういう風に各バンドの印象を片手に聞いてみると、
あまりに予測の範疇に収まるサウンドで期待以上の感動が無い危険性あり。
特に何も考えずAmazonで手に入れたEP盤の方が感動は大きかったかな。
でも良いアルバムなのでぜひぜひ。

Encyclopaedia Metallum - Barren Earth
タグ: Barren_Earth    Amorphis  Waltari  Moonsorrow  Finland  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Our Twilight : Barren earth (2009) 

フィンランドのプログレッシブ/サイケメタルバンド、Barren EarthのデビューEPを紹介。

Our Twilight

やたらメンバーが豪華なプロジェクト。

Mikko Kotamäki - Vocals (Swallow The Sun)
Olli-Pekka Laine - Bass (ex-Amorphis)
Sami Yli-Sirniö - Guitars (ex-Kreator, Waltari)
Janne Perttilä - Guitars (Moonsorrow Tour musician)
Kasper Mårtenson - Keyboards (ex-Amorphis, Ben Granfelt Band)
Marko Tarvonen - Drums (Moonsorrow)


集うメンバーからも解る通り、トラッドで美しい旋律を多用しながら、
迫力のあるグロウルをベースに迫ってくる大人のプログレッシブデスメタルだ。

Paradise Lost, Opeth, Pink Floyd, Jethro Tullの影響を公言しており、
サウンドもそれらへのリスペクトを感じると同時に、
彼らだからこそ出せる新しい領域に突入している。

これは当時、フルレングスだと思って買ってしまったのだが、
たった4曲しか収録されていないのに非常に満足できた一枚。
今年3月にフルレングス1stが発売されたので、そちらも要チェック。
タグ: Barren_Earth  Amorphis  Kreator  Waltari  Moonsorrow  Finland  2006-2010 
Progressive  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top