Only Human : At Vance (2002) 

ドイツのメロスピ/ネオクラシカルメタルバンド、At Vanceの4thアルバムを紹介。

オンリー・ヒューマンオンリー・ヒューマン
(2002/05/22)
アット・ヴァンス

商品詳細を見る


1stは色々やってみた的な感じなので、完成度としてはさすがにしっかりしている。
同時にメロスピ傾向が高まっており、シンプルな疾走曲が多くなっている。

そういえば前にこのアルバムの02 / Only Humanを知り合いに聞かせたとき、
「『ナントカ戦隊』の歌みたいだねー」と言われてしまったのを思い出す。
結局ポップな音づくりというところは1stとそこまで変わりはないといったところか。

演奏技術もヴォーカルも特に文句なしなので、彼らのサウンドが気に入れば良いアルバム。
自分はどうせならもっとポップにしてしまえばいいのに、と思った。
タグ: At_Vance  Germany  2001-2005 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

No Escape : At Vance (1999) 

ドイツのメロスピ/ネオクラシカルメタルバンド、At Vanceの1stアルバムを紹介。

No EscapeNo Escape
(2006/07/10)
At Vance

商品詳細を見る


このアルバムを手に入れたとき、ドイツのメロスピバンドって聞いていたので、
HelloweenとかGamma Rayみたいなジャーマンメタル」を予測していたので、
叙情的な旋律というより、単純にポジティブで明るいサウンドに驚いた。ポップというか。

一方で、クラシックを意識した音作りをしており、
07 / Antonio Vivaldi; Four Seasons - Summer のインストも、
あのヴィヴァルディのギターコピーだし、
他にも03 / No Speakとかもどっかで聞いたことがあるクラシック音楽。

06 / Money, Money (ABBAのカヴァー)
はちょっと選曲としては色物の類だが単純に面白い。
タグ: At_Vance  Germany  1996-2000 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top