【column】 Polish Black Metal Scene - III 

【前回】 Polish Black Metal Scene - II

■ その他の90年代初頭のポーリッシュブラックシーン

 前回は"The Temple of Fullmoon"について紹介し、なぜポーランドのブラックメタルシーンにおいてNSBMが広まったか、などについて触れた。今回はまず、そのようなサークル外における90年代初頭のポーランドのブラックメタルシーンについて書くことにする。

 ポーランドでもっとも"有名"なブラックメタルバンドといえばBehemothなのは間違いない。1991年、Nergalが若干15歳のときに結成されたバンドで、この時点では完全にスカンディナビアンブラックメタルをやっている。作風としてはDissectionやMayhemに影響されたと公言しており、ティーンネイジャーであったが故の、やってみたい音楽と自分たちの演奏的力量の双方で落ち着いた領域だったと語っている。そのことからも解る通り、直接"Temple of Fullmoon"に影響されていない。後に演奏的力量の向上と共にサウンドのデスメタル化してきたと言われていたが、後年、彼はインタビューでこう答えている。

with Nergal (Behemoth)

―あなたはブラックメタルとしてBehemothを始めたけれども、"SATANICA"からはデスメタルになったが?

 確かに初期にやっていたような内容からはかけ離れてきた。当時やっていた曲の音楽的な難易度は"簡単"だ。今はもっとへヴィなリフ、グルーブを重んじて曲作りをしている。なぜなら単純にギターテクニックが上がったからだ。できることが増えて表現が変わるのは当然なことだし、今の自分の音楽に誇りを持っている。俺たちは今でもたまに1994年当時に作った曲をプレイするし、今のも当然プレイする。どちらも同じバンドだ。俺にとってはどちらもブラックメタルスピリットなのさ。

 私がBehemothを結成したのは15のときだ。俺はその頃はひたすら好きな音楽に没頭していただけさ。そして俺は成長した。つまりあのときの俺はそこにいたし、今の俺はここにいる、ということさ。”ジキルとハイド”ではないのさ。俺たちがまだいわゆるブラックメタルだった頃から考えるとデスメタルアプローチを多く混入してある。だがデスメタルバンドではない。

 なぜならば俺たちはペイガンバンドなんだ。人々はペイガンという単語の意味を勘違いしていると思う。我々は以前から自分たちの祖先たちについてよくテーマにしている。俺たちのペイガンはいわゆるスラヴァニックセンスだ。一方で今日のペイガニズムはグローバルセンスだ。例えばエジプト、古代ローマにも各々のペイガニズムというものがある。だから俺たちはそれらをミックスさせてBehemothにフィットさせているのさ。

―あなたはなぜペイガニズムについてテーマにするのですか?

 それは際限がなく、教義もない。ルールや命令もなければ宗教でもその類でもない。自然に根ざした自由だ。そういうものに強い関心を持っている。


 また、他に90年代初頭においてポーランドで有名なバンドで言えば、Holy Death(1989-)、Christ Agony(1990-)、Xantotol(1991-)、そしてBesatt(1991-)あたりだろう。ここでは特に私が好きなBesattのインタビューを取り上げてみたい。

with Beldaroh (Besatt)

―ほとんどのリスナーは歌詞に注意を払わないんだが、その手のリスナーについて思うところはある?

 我々のメッセージは自分たちにとってとても重要なものだ。だからリスナーに理解してほしいし、その考え方をサポートしてほしいと思っている。しかし自分たちは常にリリースごとにベストを尽くしているわけで、そのようなリスナーから賛美を受けることもうれしく思っている。

―その歌詞についてだが、題材は?

 自分自身の考えや、サタンとコネクトされるデーモノロギー(著者注:神ではない超自然存在を認める主義)についてだ。それからキリスト教主義の全否定だよ。私はデビルというものを信じてはいない。単に自分自身を信じているし、それが私にパワーを与える。

―キリスト教の破壊をブラックメタルバンドが行うべきだと考えていますか?もしくはそういうこと抜きに活動すべきですか?

 キリスト教主義は我々の社会にあまりにディープに組み込まれてしまった。我々の"攻撃"の一つ一つは効果的ではない。敵ができるほど彼らは深く信じるからだ。

―あなたのブラックメタルシーンの中枢とは?ポーランド、ウクライナ?

 ポーリッシュシーンはとても強い。Arkona、Thunderbolt、Moontower、Holy Death、Black Altar、Infernal War、Gravelandだ。90年代においてポーリッシュアンダーグラウンドではいがみ合いによるバンド界の諍いが絶えなかった。だがそのシチュエーションはここ数年で終わり、新たにシーンが作り直された。もちろんウクライナは近年多くのすばらしいバンドが出てきているね。もしかするとそれは正しいかもしれない。なぜなら我々はまだコマーシャリズムに関して西欧シーンと比較するとフリーだからだ。コマーシャルバンドには幻滅させられるよ。


 今回あげた二つのバンドマンのインタビューはいずれも90年代初頭から活動をしており、かつ"The Temple of Fullmoon"の影響の外にいて、かつインタビュー自体は2000年代に入ってからのものである。インタビュー内容自体は一部のみ取りあげたわけだが、どちらのバンドにしても明確な信念を持ちつつ、かつ落ち付きのある回答が見られる。そして両バンドともに現在もなお第一線で活動しているというのも面白い。


■ 90年代後半以降のポーリッシュブラックメタル

 90年代後半になると"諍い"の絶えなかったポーリッシュブラックシーンも落ち着き始めた。一方でプロモーションのやり方にも変化が出始め、バンドの内向きの活動が目立つようになる。すなわち自己レーベルでのリリースなどである。そのためポーランドのブラックメタルは国内での交流が盛んになる一方で、BehemothやGravelandといったメジャーなバンドは除き、世界的な注目はむしろ下がっていったようだ。ポーランドのブラックメタルシーンは諸外国と比べても遜色ないレベルのバンドが多いのに、そこまでメジャーで無い理由というのはこのプロモーションによるところが大きいようだ。近年、再評価されて再発など相次いでいるのも頷ける話である。

 ちなみにその交流としては様々なバンドのメンバーが別のプロジェクトを立ち上げていくような流れで、例えばArkona(1993-)はポーランドの初期ブラックであるPandemoniumのメンバーによるものであるし、Gontyna Kry(1993-)のメンバーはKataxu(1994-)やAetheres(1997-)を始めたり、さらにChrist AgonyのメンバーがBlasphemy Rites(1997-)をやったりしている。

 また一つの方向性としてはブルータルなブラックメタルが一つの流行になった。これは一つにはBehemothだけでなく、Vader、Decapitatedといったブルータルデスメタルの世界的成功があると思われるが、主に前述したThunderboltInfernal Warといったバンドがブルータルブラックスタイルを示した。特に前者のバンドは元々はメロウな要素を持つペイガンブラックメタルをやっていたものだから、彼ら自身の音楽趣向と、ポーランドのメタル情勢の双方が共鳴して、スタイルの変更に至ったと思われる。

 The Temple of FullmoonのメンバーはThor's Hammer、Ohtar、Selbstmordといったバンドを組み、完全にNS思想のバンドをやっていた。このあたりはむしろNSBMコラムですでに述べた話になるので割愛するし、もう一つはInfernum関連のバンドが二つ出来た話なども割愛する。他に人脈筋ではDark Furyもここら辺に入ってくるし、先述したArkonaもここのカテゴリーにも一部入っており、この辺りの絡み、つまり1st-wave世代と2nd-wave世代の完全なコラボが実現したあたりで、"諍い"が完全な終焉を迎えたと言えるのではなかろうか。

 一方でブラックメタルの音楽性にフォーカスを合わせたようなバンドも出てきている。例えばBlack Altar(1996-)、Crionics(1997-)などである。彼らのインタビューからはキリスト教の否定や破壊、自己哲学といった主張はあまり見えてこず、むしろブラックメタルを聴いて育った者の音楽的な継承のように感じる。

■ 終わりに

 かなり駆け足ではあるが90年代初頭から終わりまでのポーリッシュブラックメタルをバンドを中心に振り替えった。残念ながら国内のいざこざが絶えない時期があったこと、そしてもう一つはそういうことを経て自己リリースなどによる国外ディストロやジンへのプロモーションの減少などによってリアルタイムでの情報が欠けているということもあり、あまり具体的な話はできなかったが、それもまたポーリッシュブラックを彩る一つの出来事であろう。

 次回はいよいよ最終回ということで00年代から現在に至るまでのポーリッシュブラックの"今"を見ていきたい。

Next → 【column】 Polish Black Metal Scene - IV
タグ:   Column  Poland  Behemoth  Besatt  Arkona 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Raw Years 1993-95 : Arkona (2005) 

ポーランドのペイガンブラックメタルバンド、Arkonaの初期音源集を紹介。
ポーランドのUnder the Sign of Garazel Productionsよりリリースされた。

Arkona_c.jpg

ロシアの有名なフォークメタルバンドと同名だが、
むしろこちらは結成したのが1993年で昨年もアルバムを出したベテランである。
その彼らの初期音源集がこのコンピレーションとなる。

93~95年に製作されたらしいがノルウェイの影響を受けたと言うよりかは、
同郷のGravelandの初期作品のプリブラはミドルテンポの部分のみ受け継いでいると思うが、
彼らのオリジナリティというかミニマルなリズム感とシンセの挟み方が独特で、
寒々しいコールドブラックという範疇ではあるが異彩を放っている。

設立メンバーの唯一の生き残りであるKhorzon氏は、
現在はPandemoniumにも所属していてこちらもポーリッシュブラック重鎮。
なおたまにNSBMカテゴリーに入れられているがバンド側は否定している。

Encyclopaedia Metallum - Arkona
タグ: Arkona  Poland  Graveland  Pandemonium  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Wolfskult : Varg (2011) 

ドイツのペイガン/ヴァイキングメタルバンド、Vargの3rdアルバムを紹介。
オーストリアのNoiseArt Recordsからリリースされた。

Wolfskult Ltd.Wolfskult Ltd.
(2011/03/04)
Varg

商品詳細を見る


ジャケ買いしたのでてっきりブラックメタルだと思っていたが、
再生してみたらこれはびっくりヴァイキングメタル。
メンバーのFrekiはドイツのペイガンメタルフェスの主催者だとか。

いわゆるフォークメタルのようなものではなくて、
あくまで昔ながらのペイガンメタル然した勇壮なサウンドが特徴。
ゆえに底抜けに明るいというより若干シリアスな雰囲気。
ブラストで奔るところはちょっとメロブラっぽい感じもある。

限定盤は2枚組でゲストが非常に豪華。
EluveitieのAnna Murphy、ArkonaのMasha、EquilibriumのRobseというメンツ。
この手の音楽が好きなら垂涎のボーナスCDだ。

Encyclopaedia Metallum - Varg
タグ: Varg  Germany  Eluveitie  Arkona  Equilibrium  2011 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Goi, Rode, Goi! : Arkona (2009) 

ロシアのペイガン/フォークメタルバンド、Arkonaの5thアルバムを紹介。

Goi Rode GoiGoi Rode Goi
(2009/11/03)
Arkona

商品詳細を見る


そろそろ"笛メタル"成分が欲しいときに手に入れたアルバム。
フルートとバグパイプの奏者がおり、女性がヴォーカルをやっているという。
確かHMVかAmazonのお勧めで購入したような気がする。

4th以前のアルバムの出来は解らないが、かなりバランスのとれた良作。
デス/ブラックに通じるアグレッシブさとヘヴィさに、
牧歌的なフォークメタルがうまく配合されている。

女性とは思えないヴォーカルも見事。
良いバンドだと思う。

ちなみに同名のバンドが多いので中古屋で捕獲するときは要注意。

Encyclopaedia Metallum - Arkona
タグ: Arkona  Russia  2006-2010 
Viking/Folk  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top