Grim March To Black Eternity : Argar (2004) 

スペインのブラックメタルバンド、Argarの2ndアルバムを紹介。
ドイツのSolistitium Recordsよりリリースされた。

argar2.jpg

以前に1stアルバムを紹介したが、そちらと同様にEmperor1stフォロワーサウンド。
基本的に彼らの1stの延長線上というか同じクオリティを保っていて、
Emperor1stライクなシンフォブラック好きにはたまらないだろう。

彼らはまず演奏がしっかりしていて捨て曲も無いのがポイント。
シンセサイザーの使い方もやりすぎない程度の存在感がニクい。
また1stアルバムより若干メロくてエモーショナルなパートもあったりして、
そのあたりのくすぐり方も実にうまい。

個人的にはシンフォブラックというものに食傷気味な時期もあったりして、
素直に受け入れられない時期もあったが、
しっかり聞いてみるとさすがのクオリティだと唸ってしまった。

彼らはこのアルバムを最後に解散。
メンバーであるUr Profanum氏の独りバンド、Grim Funeralは若干スタイルを継承しているが、
クオリティとしては幾分落ちていてその後は追っていない。

Encyclopaedia Metallum - Argar
タグ: Argar  Spain  Emperor  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Cwm Annwn : Argar (2000) 

スペインのブラックメタルバンド、Argarの1stアルバムを紹介。
ドイツのMillenium Metalよりリリースされた。

Argar1.jpeg

当時、一部のBM愛好家から大いに支持されたアルバムで、
再発はされていないため国内では高値推移していることもあったが、
現在はDiscogsでもほぼ500円で手に入るので安心されたし。

内容としてはキーボードを前面に押し出したタイプのシンフォブラックで、
タイプとしては巷でも言われているように初期Emperorで、
キーボードの使い方が特にEmperorの1stと似ているように感じる。
そのため同じようにキーボードが前面に出ていた初期Dimmu Borgirとは異なる。

またアルバム通して捨て曲が無いのもポイントが高く、
こういう一枚通して聴き切れるシンフォブラックというのは貴重だし、
当時、一部で人気があったことも窺い知れる内容である。

Encyclopaedia Metallum - Argar
タグ: Argar  Spain  Emperor  1996-2000 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top