Shelter (Deluxe Edition) : Alcest (2014) 

フランスのシューゲイザー(元ブラックメタル)バンド、Alcestの4thアルバムを紹介。
ドイツのProphecyよりリリースされた。


Shelter (Digisleeve Edition)Shelter (Digisleeve Edition)
(2014/02/18)
Alcest

商品詳細を見る


今回は事前で嫌な予感がしたのでitunesのDL購入で済ませてしまった。

個人的にはAlcestはその持ちうる要素をすべて出し切った1stがほんと名作で、
2ndはビミョー、3rdは持ち直した気がするけど曲単体が弱く、みたいな。
そろそろ4thに至っては完全にブラックメタルの要素を排除しそうだな、と。

ブラックメタルの要素を無くすこと、これ自体は彼らの存在の否定にはならないが、
自分の趣向から外れてくるのと、もう一つは美醜のコントラストが排除されるため、
あまり進んでいってほしくない方向性だと思っていた。

そして彼らはその「進んでいってほしくない方向」を示したのがこのアルバム。
ミュージシャンとしてさらに一皮むけるための第一歩を祝福しつつ、
お別れの作品になったかもしれない淋しさも募る。

ちなみにデラックスverのボートラが一番旧作ファンのツボにハマる気がするので、
今から手に入れるならDL購入が一番よいのではないかと思います。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest    France  2014 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ariettes Oubliees : Les Discrets (2012) 

フランスのシューゲイザー/ポストブラックメタルバンド、Les Discretsの2ndアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Prod.よりリリースされた。

Les_Discrets2.jpg

Alcestとスプリットを出して知名度を高めての1stから2年、
メンバー的にもドラマーのWinterhalter、そしてかのAudrey Hadornが在籍しており、
そろそろLes Discretsらしさとやらを明確に打ち出すべき2nd。

しかし当時、「どうせあの時のAlcest以上の物は出せないよ」と、
実はこのアルバムを手に入れた当初はほとんど聞かないまま積んでいたのだが、
いまさらのように耳を傾けてみると美しい創作が広がっていた。

バンドの中心人物であるFursy Teyssierは実はアニメーターらしい。
なるほどこのアーティスティックで非日常的な童話的サウンドはそういうことなのかと。
シューゲイザー/ポストブラックとしてどうかというと若干退屈な音楽性だが、
まるで絵本をめくっていくかのような情景美とその変化という体験としては素晴らしい。
タグ: Les_Discrets  Alcest  France  2012 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Roads To Judah : Deafheaven (2011) 

アメリカはサンフランシスコのポスト/ヒップスターブラックメタルバンド、Deafheavenの1stアルバムを紹介。
アメリカのDeathwish Inc.よりリリースされ、日本でもDaymareがリリースした。

Roads to JudahRoads to Judah
(2011/04/26)
Deafheaven

商品詳細を見る


このアルバム、発売当時からかなりの話題になっていて、
自分もとりあえず飛びつき…、通しで聴かないままここまで来てしまった。
去年あたりこのバンドの2ndが大きな風を吹かした時も何もコメントできず。
さすがに消化しなければ先にも進めず後ろにも戻れない気がした。

さて一念発起して再度しっかりと聴いてみたが、
改めて思ったのはケチを付ける要素なんて特にないってこと。
シューゲイザーの要素のあるポストブラックとして非常に優秀。

ではなぜ当時、これが聞けなかったのか、そしてなぜ今も受け付けないか。
一つ言うとすればトゲが皆無なこと。
非常にツルツルしていて握った掌からシュッと抜けてしまう感覚。
近いスタイルでも初期Alcest、Woe、Kralliceなど、いずれもトゲがあったように感じる。

求めている要素の違い、それに尽きる気もする。

Encyclopaedia Metallum - Deafheaven
タグ: Deafheaven  Alcest  Woe  Krallice 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Les Voyages De L'Âme : Alcest (2012) 

フランスのシューゲイザーブラックメタルバンド、Alcestの3rdアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

Les Voyages De L'ameLes Voyages De L'ame
(2012/01/16)
Alcest

商品詳細を見る


昨年の来日がまだ記憶に鮮明なものだが第三作目。
実は2ndがあまりピンとこなかったので来日公演のインストアライブの際に、
その店(大阪のタイムボム)でそのタイミングで購入したのが、
その期待感のなさからか中々どうして、良かった。

1stのメルヘンチックともいえるメランコリックな世界観と、
2ndの若干リアルに歩み寄ったようなサウンドに対して、
この3rdはそれらをうまく歩み寄らせている印象。

とはいえエモーショナルかつ静かに確実に畳みかけてくるような楽曲は少なく、
サビのトレモロが美しすぎて涙腺が崩壊しそうな、
#06"Faiseurs De Mondes"ばかり聞いてしまうのだが、
この曲は個人的には彼らの作品で3本の指に入る名曲だ。



Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest  France  2012 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Écailles De Lune : Alcest (2010) 

フランスのシューゲイザーブラックメタルバンド、Alcestの2ndアルバムを紹介。
ドイツのProphecy Productionsよりリリースされた。

Ecailles De LuneEcailles De Lune
(2010/03/26)
Alcest

商品詳細を見る


このバンドは初期EPか1stアルバムかどちらが好みか聴かれることが多い。
私は1stアルバムの方が好きなのだが、
それはこのバンドにブラックメタルらしさを求めていないが故である。

この2ndにおいてはAmesoeursの1stの音楽性が合流したという印象で、
1stで見られた一種のメルヘンな寓話の様相に対して、
若干アーバンでリアルに感じる耳触りがどうも肌に合わなかった。
当時、Amesoeursの1stはむしろ好みだったわけで、
となると何でこれをAlcestでやるんだ?っていうところに違和感があったのだろう。

とはいえこの収録曲を実際生で聞いた時は感動してしまったため、
自分の耳なんて、脳みそなんて、ああ当てにならないものだなあ。

Encyclopaedia Metallum - Alcest
タグ: Alcest  France  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

When The Tomorrow Is A Grey Day : The Last Days (2010) 

メキシコのシューゲイザー/ポストブラックメタルバンド、The Last DaysのデビューEPを紹介。
中国のPest Pro.とメキシコのSelf Mutilation Servicesよりリリースされた。

thelastdays

Alcestを端に発したシューゲイザーブラックブームの急先鋒である
中国のPest Productionらしいバンドサウンド。
アーバンチックなSEを用いながら都会における孤独・虚無が表現されている。

時折入るハーシュノイズが日常に潜む"突然、変化する風景"を表わしているようで、
ひたすら毎日続く単調な生活の中で蝕まれていく"何か"が
よく表現されているように感じる。

但しほとんどこれインストアルバムか?っていうくらいボーカルが少なく、
あくまでシューゲブラックを目当てに手を伸ばしてしまうと、
ちょっと拍子抜けしてしまうのが正直なところであろう。

ちなみにbamdcampでは$4なので気軽にDL購入できる。

bandcamp - The Last Days
タグ: The_Last_Days  Mexico  Alcest  2006-2010 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Epoch : Fen (2011) 

イギリスのアトモスフェリック/ポストブラックメタルバンド、Fenの2ndアルバムを紹介。
イタリアのCode666 Recordsよりリリースされた。

fen2

アトモスフェリックなポストブラックとしてAgallochに対するUKからの回答であり、
UKとしてのシューゲイザーらしさを見せているという意味では、
Alcestなどに肉薄する音楽性も見せている。

この2ndアルバムではよりUKらしい決して晴れない陰鬱な音楽性が増し、
その分、ブラックメタルとしての成分は大きく減退して、
もはやこれはブラックメタルの範疇からは完全に離れたような印象を持つ。

この手の音源としてはかなり完成度の高いサウンドを誇っているが、
果たしてメタルファンが受け入れるものかどうかは、
Alcestの1stを受け入れたものでさえ更にもう一越え必要なように感じる。

Encyclopaedia Metallum - Fen
タグ: Fen  UK  Alcest  Agalloch  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Deer Twillight : Cold Body Radiation (2011) 

オランダのシューゲイザー/ポストブラックメタルバンド、Cold Body Radiationの2ndアルバムを紹介。
イタリアのDusktoneからリリースされた。

Deer TwillightDeer Twillight
(2011/11/15)
Cold Body Radiation

商品詳細を見る


Alcestフォロワーとして一躍名前の売れた1stから早1年でリリース。
そういう意味では期待を裏切らない内容で、
凡百のAlcestフォロワーを脇に除け得るバンドだ。

但しこのアルバムに至ってはブラックメタルらしさはいよいよ希釈され、
ほぼ完全にシューゲイザー/ポストロック化しており、
その点で魅力を感じている人は「手元から離れた」と感じるだろう。

1stから持っている空間的広がりと、
かつ自然的情景を連想させる厳しさと優しさを感じるサウンドに
そのバンドの持つクオリティを感じることは間違いない。

Encyclopaedia Metallum - Cold Body Radiation
タグ: Cold_Body_Radiation  Alcest  Netherlands  2011 
A-D-P Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

[Live] いいにおいのするALCEST JAPAN TOUR 2012 @ 心斎橋CONPASS (9/29) 

フランスのシューゲイザー/ポストブラックメタルのAlcestの来日公演に行ってきました。

直前にはTimebomb Recordsでインストアライブも堪能し、
気分を最高潮に高めながら会場入り。
何しろ待望の来日ということで大入りで、
最初に最前列を確保してそこから動けませんでした(トイレ終始行きたかった)

1. ネッシー

正体不明だったが主催のVampilliaのメンバーの一人が登場。
ステージど真ん中にあるコンピュータを用いたブルータルエレクトロニカとでも表現すればいいか。
一人で音楽操作からデスヴォーカルまで忙しくこなしていた。

この手のジャンルは詳しくないが、実験的で前衛的とでも言えば良いだろうか。
UMAらしさが存分に出ていたステージングだった。

2. Vampillia

本公演の主催にして影のメインアクト。
巷ではブルータルオーケストラと言われているようだが、
今回の公演では確かヴァイオリンを含む8人がプレイ。
元々はツインドラムで9人でやっているらしい。

未聴で当日臨んだのだが度肝抜かれたとはこのこと。
静と動が入り混じったまさに音が生き物のように襲い掛かってくる。
会場が圧倒されてしまったのか、
それとも客層が違ったのか解らないけど盛り上がりに欠けたのが信じられない。
(何かしゃべり声とか聞こえてそこはイラッとした。
 「何がしたいんだよ」じゃねーよ。
 おめーこそ何しに来たんだよ、と寸前まで出かかったよ)

当然、公演後にCD買いましたね。

3. Alcest

お待ちかねメインアクトは確か1時間くらい。
会場が優しく儚いオーラに包まれ、何曲やったとかは覚えていないが、
自分は当時未聴だった3rdも含めて結構プレイしてくれた気がする。

1stからは
・ Printemps Emeraude
・ Souvenirs d'un Autre Monde(アンコール)

2ndからは
・ Écailles De Lune
・ Percées De Lumière

あたりをやっていた。他にもやっていたかもしれない。
とにかく会場の雰囲気もメンバーの演奏も何もかも一つの次元に放り込まれて、
これが感動体験か、という感情に浸ったライブだった。

実は僕は1stが一番好きで、その反動で2ndは期待外れだった。
だから3rdは聞いてなかったくらいなのだ。
しかし会場で聞いた2ndからの曲は素晴らしく聞こえ、
家に帰って聞いてみるとライブの感動が呼び戻る。
2ndの評価もグッと上がった。

単細胞過ぎやしないか。
でもそうするだけの力場があそこにはあったのだ。
タグ: ネッシー  Vampillia  Alcest  いいにおい 
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Alcest - Souvenirs d'un Autre Monde@Timebomb Records (instore live)  

今日、大阪のTimebomb RecordsAlcestのインストアライブがあったので行ってきました。

動画を撮影しましたのでお楽しみください。
スマートフォンで撮影したので画質、音質、手ぶれについては勘弁してください。



他の動画サイトに転載は禁止で宜しく。
タグ: Alcest  Live 
その他  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top