Nubes Que Anuncian Tormenta : Khmer (2014) 

スペインのブラッケンドハードコア/ネオクラストバンド、KhmerのEP盤(12")を紹介。
HALO OF FLIESよりリリースされ、今年(2015年)には日本のLongLegsLongArms(:3LA)より国内盤としてリリースされた。

khmer_ep.jpg

2012年のデモがBandcampでNYPだったこともあり、
確かSNSで紹介を受けて聞いてみたらどハマリしたのをきっかけに、
その後、日本のレーベルであうる3LAさんの意欲的なリリースもあったりして、
自分の中でジャンルを問わず重要なバンドの一つとして認識しているKhmer

彼らの新作がこのEPなのだが、何と先のデモもB面に収録されており、
A面5曲、B面5曲の12インチLPによるリリースとなった。
初めての出会いとなったデモが収録されたフィジカルというだけで嬉しい。

デモに比べて前作は複雑なリフを導入するも使いこなしている印象だったが、
新作は第一印象としてはリフがすんなり耳になじんでいくような印象を受けた。
以前よりメタルっぽさが強いような気がするのは気のせいではあるまい。

さてB面のデモを立て続けに聞いてみるとバンドの印象はかなり変わったことに気付く。
デモの時の方が初期衝動の強いハードコア色が強く、
新作では静と動のコントラストをメタリックなリフで紡ぐタイプになったということだ。

個人的には頭をガツンと殴られた衝撃こそデモ音源に分があるのだが、
このバンド、やはり只者ではないしどこまでいくのか純粋に興味深い。
タグ:   Khmer  3LA  Spain  Japan  2014 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Khmer/After Forever : V/A (2013) 

スペインのブラッケンドハードコアバンド、Khmerと、
日本は千葉のハードコアバンド、After Foreverのスプリット(12inch-LP)を紹介。
日本のLongLegsLongArms(:3LA)よりリリースされた。
なおこの音源は3LAの初リリース音源である。

khmer-AfterForever

以前、デモ音源を紹介したKhmerの最新音源がめでたく日本のレーベルよりリリース。
リリースに関しての3LAのステイトメントはこちらであるが、
1リスナーの私としてはひたすら平伏あるのみの意欲的なリリースであります。
閑話休題、音源の感想へ。

After Foreverはいわゆる激情ハードコアに近いカオティックハードコアで、
煽情的な泣きメロとジャパコア系アグレッシブさが同居した素晴らしいサウンドなのだが、
個人的にはヴォーカルの表現の幅が狭く感じる。
メロディの表現の広がりに関してどうしても"平坦な絶叫"に聞こえてしまったのは惜しい。
(それが狙いだとしたら意図を汲めてない私の脳みその問題です)

Khmerはデモから継続してクラスト風味のブラッケンハードコア。
1曲目から期待通りのツボすぎてたった5曲があっという間に過ぎゆく爽快感。
彼らの素晴らしいところは快活なブラッケンドハードコアというところであろうが、
1stデモより複雑な曲進行を取り入れているのにそれに煩わしさを感じさせないのが素晴らしい。

全10曲27分、あっという間に終わる音源で両バンドとももっと聴きたいと思わせる出来。
特にKhmerに関してはメタルだのハードコアだのジャンルの垣根などぶっ飛ばして、
幅広い層に聞かれるべきプロフェッショナルなバンドであり、
これが日本のレーベルからリリースされると言うことに誇りすら感じさせてくれた。

ちなみに僕はアナログ環境を自宅に置いていないのだが、
3LAさんは「収録曲のmp3ダウンロードURLを案内/CD-r同梱」してくれるので安心。

Khmer/After Forever 特設ページ
タグ: Khmer  After_Forever  3LA  Spain  Japan  2013  個人的良盤 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top