スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Storms of Unholy Black Mass : Abysmal Lord (2014) 

アメリカはニューオリンズのウォー・ベスチャル・ブラックメタルバンド、Abysmal LordのデビューEPを紹介。
アメリカのHells Headbangers Recordsより12"Vinalでリリースされた。

Abysmal Lord_EP 

 ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブックの第四章 P177で紹介したAbysmal Lordのデビュー作。メンバーのほとんどはGrave Ritualというアメリカのデスメタルバンド出身であり、ダークなオールドスクール・デスメタルというスタイルだったが、サウンドを聞いて判断するに恐らくそちらでは使えなかったアイディアを披露するためにこちらのバンドを作ったのではないだろうか。

 すなわちこちらは非常にグラインドコアの成分の強いウォーブラックメタルスタイルである。バンドメンバーの名前からしてBlack Lord of Fire and Nocturnal Damnationとかなので推して知るべしっていうくらいまずBlasphemyを意識しているのは間違いないだろうし、それにさらにグラインドコアの要素を増したような印象だし、またスラッジコアのようなパートも伺える。

 現にレーベルサイドも「よくある"ベスチャル/ゴートメタルサウンドそのものではない」と言い切っている。つまりオールドスクールなスタイルではないと言っており、ウォー・ベスチャルの2010年代における一つの流れを示しているような作風にも感じる。収録は5曲、25分弱。楽曲的な粗削りさ、まだバンドとしての個性が完全にハマりきっていないなどの様子も伺えるが、「期待の新人」としては上々なデビューEPではあるし、翌年のフルレングスにうまくつなげた作品だと言える。

Encyclopaedia Metallum - Abysmal Lord
スポンサーサイト
タグ: Abysmal_Lord  Blasphemy  USA  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Koozar / Bangi Vanz Abdul : Koozar (2014) 

日本のブラックメタルバンド、Koozarの1stアルバムを紹介。
日本のZero Dimensional Recordsよりリリースされ、限定版(lim.50)はデモ音源のCD-Rも付属でついている。本稿もその限定版について書している。

koozar_1.jpg 

 このアルバムの記事をまだ書いていなかったとは…これは失態。『2014年を振り返って』という記事でも取り上げた通り、あの年でも有数のリリースだったと今振り返っても思える作品。

 Koozarは徳島のアンダーグラウンドブラックメタル伝説、GorugothのKojima氏が新たに進めたプロジェクト(今年は黒狂というプロジェクトも起こしている)。そしてBangi Vanz Abdulとは現代魔術実践家の磐樹炙弦 / バンギ・アブドゥル氏の名前であり、その二名のコラボレーションによる作品がこのアルバムであり、特に公にはされていないもののそのようなコラボの実現に際して、このアルバムがそのようなオカルトなテーマを主題としたコンセプチャルな作品であることが伺える。曲名もインストの"Kaotaoatoak"と楽曲の"Zznz Kz Chaos"によって構成されている。

 残念ながら筆者は現代魔術に関する知識は皆無であるからして、その文字列ないしサウンドから何かを見つけ出すことはできていないのだが(もし知っている人がいればお寄せいただきたい)、それでもGorugoth時代から既にみられていたミニマルなハーシュノイズとブラックメタルの融合は、そのコンセプチャルなテーマによって更に昇華された様な印象を受けた。

 ミニマルなブラックメタルといえば誰でもVONを思い浮かべるだろうし、もしくはノイジーさで言えばIldjarnGorugothはそれらのバンドを好む人には大いに気に入るだろうと思われるが、さてこのKoozarはもう一歩闇に深く足を踏み入れたようなそんなサウンドだ。全く邪悪さは感じず、悪意や憎悪のようなものもなく、探求に徹したようなストイックさがアルバムを通して表現されている。そのストイックな探求には理解不能に陥ったリスナーの多くをふるい落していくであろう。

 Demo 2014に関してもほぼ同様の感触は得たものの、更に無機質さが強くブリザードブラックのような印象も持つこちらの方が何となく理解はしやすい作風。理解はしやすいと言いながらも本当に理解できているかは謎。

 ブラックメタルというものがあくまで「異質」であり続けることこそが本質であれば、この音源はその本質を抑えていると言える。個人的には日本のブラックメタルシーンを支えるZero Dimensional Recordsの一番の快挙はGorugothの再発、そしてKoogar/黒狂による復活だったんじゃないかなあと思っている。

 Encyclopaedia Metallum - Koozar
タグ: Koozar  Gorugoth  黒狂  Japan  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Gnosis Stained Khadga - Live in Kuala Lumpur : Orator (2014) 

バングラデッシュのベスチャル・ブラックメタルバンド、Oratorのライブ盤を紹介。
タイのHellhouse 666 Productionsよりテープでリリースされた。

Orator_live.jpg 

 辺境メタルマニアならご存知かもしれない。デビューEP "Dominion of Avyaktam" が辺境地発掘レーベルとして有名なLegion of Death Recordsからリリースされているからである。バングラデッシュのUGメタルシーンは昔からかなりコアなバンドを輩出されているということも聞いたことがあり、特にこのバンドはどうやらかなりのものだという噂を聞いていたため深く興味を持っていた。そんな中でWeird Truth Productionsでこのテープの扱いがあったので購入(現在も扱いあり)。

 音源は2013年にマレーシアのクアラルンプールで行われたライブの時のもので、フランスのManzerも出演しており、そのときにShuxul氏がハンディカムで撮影した時のマテリアルとのことだ。丁度その頃に1stアルバム ”Kapalgnosis" をリリースしていたこともあり、ほとんどの曲はそこからの引用であった(が、当方はそのアルバムを未聴)。

 終始ドカドカドラムが進むまさにベスチャルな楽曲で、音質こそ主に機材の関係でかなり籠っているもののそれも相俟ってローカルな地域のUGなエクストリームメタルを体感できる。なかなか日本にいてバングラデッシュのUGメタルシーンのことまでは触れることが難しい中で貴重な音源だし、またそれが90年代にメタルを弾圧したマレーシアで行われたライブだということも実に興味深い。Orator自体についても噂通りの実力を持っているようで、いずれ「辺境地」という枕詞を投げ飛ばしてくれそうな期待を膨らますに十分なライブ音源である。

Encyclopaedia Metallum - Orator
タグ: Orator  Bangladesh  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Split : Begräbnis / Estrangement (2014) 

日本のフューネラルドゥームメタルバンドBegräbnisと、オーストラリアのフューネラルドゥームメタルバンドEstrangementのスプリットを紹介。

split_begrabnis.jpg split_Estrangement.jpg

 Begräbnisを始めて見たときの衝撃はなかなか忘れられない。バンド名はドイツ語で「葬式」を意味するとのことだが、自分の浅いながらも持っていたフューネラルドゥーム像とは異なる印象を受けた。演出を含めて世界観をはっきりと持っており、音像も独特だ。安易に使いたくない言葉ではあるが唯一無二と称したくなるバンドであった。後に楽曲作成の裏話を小耳に挟んだが、他国のフューネラルドゥームと異なる理由を垣間見た気がした。

 さて、そのライブに感動して購入したのがこのスプリット。両バンド、一曲ずつではあるが合わせて20分弱の収録。Begräbnisサイドは聞いているうちにその鈴の音やテルミンなどの効果的な使用によってジリジリと冥府へと誘われていきそうな作品。こういう作品で10分というと冗長に感じそうなものだが、それがないのが凄い。これがその「世界観」の賜物であるように思える。

 一方でEstrangementの方は様々な要素を混在しているBegräbnisとはある種の対角線にありそうなスタイル。クラシカルなメタルスタイルから、はたまたウォー・ブラックさながらのスタイルまで幅広い。特に後者のスタイルは個人的にかなり素晴らしく感じられ、前半の鬱屈さを粉々に磨り潰していくような音楽性にグッときた。

 両バンドともフューネラルドゥームというジャンルに根差しつつ、更にそこから独自の路線を突き詰めていく気概を感じさせる素晴らしいスプリットである。

Encyclopaedia Metallum - Begräbnis
Encyclopaedia Metallum - Estrangement
タグ: Begrabnis  Estrangement  Japan  Australia  2014 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nuclear Blasphemy : Evil Conqueror (2014) 

ハンガリーのブラックメタルバンド、Evil Conquerorの1stアルバムを紹介。
ギリシャのMetal Throne Productionsよりリリースされた。

Nuclear Blasphemy

完全に名前に騙されましたシリーズ。
だってバンド名がEvil Conquerorで、アルバム名がNuclear Blasphemyですよ。
名前を自動生成で作ったのかな?と思うほどの単語の選び方。
これはどう考えてもウォーブラックメタルだと思うじゃないですか。

聞いてみると実際普通のブラックメタルで。
オールドスクールなスラッシュメタルをベースにしていることが解るスタイルの。
しかもフルレングスの2曲目にいきなりSatanic Warmasterのカバー。

まあそういう想定とはあさっての内容だったわけだけど、
素直に聞いてみるとそこそこ楽しめるタイプであるが、
また他の未曽有のバンドとの差別化も特にはかられていないために
特に印象に残らないタイプのアルバムであるともいえる。

Encyclopaedia Metallum - Evil Conqueror
タグ: Evil_Conqueror  Hungary  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

TLA Vol.1 : As Light Dies 

スペインのブラック/ゴシック/デスメタルバンド、As Light Diesの3rdアルバムを紹介。
日本のMaa Productions ‎よりリリースされた。

aslightdies_3.gif

イタリアのアヴァンギャルド系エクストリームメタルレーベルのCode666を蹴って、
日本のMaa Prod.の門を叩いたという誰がどう考えても「なぜ?」な作品。
(Maaオーナー、つまりZDRオーナー氏もそう仰っていた

コンセプトアルバムになっていてタイトルのTLAとは「The Love Album」のこと。
ラブストーリーに纏わる恐怖、痛み、悲しみに基づかれたコンセプトになっていて、
デプレッシブブラックにも近いようなゴシックブラックをプレイしている。
今までも参加していたがヴァイオリン奏者の使い方が効果的になっている。

Enslavedのトリビュートにも参加したことがあるだけに、
近年のEnslavedにかなり接近しているという意味ではプログレブラックっぽさもあり、
一筋縄ではいかない完成度の高い作品になっている。
Dan Swanöがプロデュースしていることも特筆すべき。

しかしなぜこれを日本のレーベルから出す気になったのだろうか!

Encyclopaedia Metallum - As Light Dies
タグ: As_Light_Dies    Spain  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

正義の行方 : 脊髄注射 (2014) 

日本は東京のハードコアパンクバンド、脊髄注射の1stデモを紹介。
自主リリースだがプレスCD仕上げ。

sekizuichuusya1.jpg

このブログやSNSで勝手にプッシュしてきたillyaに趣向が近いと薦められた音源。
青森で活動していたGillzglowというバンドのワターリン氏が上京して結成したバンドとのこと。

上記経緯もありやはり比べるのはillyaになるが、
あちらのほどメタリックハードコアそのものではないという印象を受けつつ、
その日本語歌詞をベースにした"熱さ"は確かに近いものを感じた。
恐らくメタリックハードコア+スキンズ的なスタイルがそのような印象を与えていると思われる。

まだ1stデモだけに完成度の点では物足りなさも感じるが、
初期衝動を感じさせながら丁寧な仕事も垣間見れ、
今後の活動が楽しみなデモだ。

Bandcamp - 脊髄注射
タグ: 脊髄注射  Japan  illya  2014 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2014 : 屍 (2014) 

日本のダークなファストコアバンド、のライブ音源を紹介。
日本のZero DImensional Recordsよりリリースされた。

zdr028.gif

2014年1月26日に新大久保アースダムで行われた「痺れ肉棒絶倫注射の夜 vol.5」の
ライブ音源を撮りっぱなし、無編集で音源化されたもの。
やり方としてはブートっぽいがもちろんオフィシャル。

彼らのラストライブ(2014年9月27日@小岩BUSHBASH)にて100枚限定で発売されたもの。
自分は幸いなことに現地に行った方に抑えてきてもらったのだが、
現在はオークションなどで入手するしかないのが残念、

個人的には彼らの好きな曲である「憎悪」「行き着くところ」がないのが残念だが、
1stから3rdまで幅広くチョイスされており、
更に言えば最後が1stの"人のために生きるか 自分のために生きるか"でしめられており、
このバンドに欠かせない仏教観としての「輪廻」を想起させる。

もしかしたらラストライブの余韻なんぞに浸っている日和見に対して、
鋭利な刃物を突き付けているのかもしれない。
タグ:   Japan  2014 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Nubes Que Anuncian Tormenta : Khmer (2014) 

スペインのブラッケンドハードコア/ネオクラストバンド、KhmerのEP盤(12")を紹介。
HALO OF FLIESよりリリースされ、今年(2015年)には日本のLongLegsLongArms(:3LA)より国内盤としてリリースされた。

khmer_ep.jpg

2012年のデモがBandcampでNYPだったこともあり、
確かSNSで紹介を受けて聞いてみたらどハマリしたのをきっかけに、
その後、日本のレーベルであうる3LAさんの意欲的なリリースもあったりして、
自分の中でジャンルを問わず重要なバンドの一つとして認識しているKhmer

彼らの新作がこのEPなのだが、何と先のデモもB面に収録されており、
A面5曲、B面5曲の12インチLPによるリリースとなった。
初めての出会いとなったデモが収録されたフィジカルというだけで嬉しい。

デモに比べて前作は複雑なリフを導入するも使いこなしている印象だったが、
新作は第一印象としてはリフがすんなり耳になじんでいくような印象を受けた。
以前よりメタルっぽさが強いような気がするのは気のせいではあるまい。

さてB面のデモを立て続けに聞いてみるとバンドの印象はかなり変わったことに気付く。
デモの時の方が初期衝動の強いハードコア色が強く、
新作では静と動のコントラストをメタリックなリフで紡ぐタイプになったということだ。

個人的には頭をガツンと殴られた衝撃こそデモ音源に分があるのだが、
このバンド、やはり只者ではないしどこまでいくのか純粋に興味深い。
タグ:   Khmer  3LA  Spain  Japan  2014 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Malignant Temple Of Goat (1992-1993) : Behemoth (2014) 

[Goat Worship 特集]

ブラジルのGoat Worshipper型ブラックメタルバンド、Behemothのコンピ盤を紹介。
ブラジルのHammer Of Damnation よりlim.1000(内200がDigi)でリリースされた。

behemoth_b_c.jpg

ポーランドの有名バンドではなくブラジルの方。
活動は1992~1994年と短命で2つのデモを残しただけのマイナーバンドの全音源コンピ。
1994年にArchangellusというバンド名に改名してコグメロから1枚アルバム出している。

どんなに腐れた内容かと思って半笑いで再生してみるとこれが素晴らしい。
このころ流行っていた北欧ブラックメタルとは大違いだし、
BlasphemyとかBeheritみたいなスタイルともちょっと違う。
もっと瘴気が溢れていてモッサリとしたドゥーミーなブラックだ。
はっきり言って塩漬けされたことでこの時代に発掘されてよかったのではないか。

ブラジルというとプレブラック的な位置づけのバンドは有名だが、
コープスペイント全盛な90年代前半のバンドは埋もれているものが多いらしく、
これからも何か強烈なのが出てくるのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Behemoth (Bra)
タグ: Behemoth  Brazil  個人的良盤  2014 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。