The Headless Ritual : Autopsy (2013) 

アメリカはオークランドのデスメタルレジェンド、Autopsyの6thアルバムを紹介。
Peaceville Recordsよりリリースされた。

Autopsy6.jpg 

 1987年にex-DeathのChris Reifert氏を中心に結成し4枚の傑作デスメタルアルバムを残して1995年に解散し、パンクメタルバンドAbscessの活動にシフトするも1stアルバム"Severed Survival"20周年を期にAutopsyを再結成、翌年にはAbscessを解散して、もう一度こちらに戻ってきての2枚目に当たる。

 再結成後の彼らの作品はベテランとしての気焔を目いっぱいに見せつける渾身のデスメタル群であって、1st~2ndアルバムのような死臭がこもったデスメタルではなく、3rd~4thアルバムのような聞く人をコンフューズドさせるようなデスメタルでもない。場数を経て明らかに大人になったかのようなデスメタルである。それをつまらないと思う人もいると思う。特にこの6thアルバムはどうも音の軽さがあり、彼らのズルズルサウンドを十二分に引き出す形にはなっていないように感じる。

 しかしそれでもだ。これをAutopsyというバンドがやっていることに意味があると解釈する人もいるだろう。自分もその一人だ。やはり彼らの紡ぐサウンドはAutopsyそのものである。根底にあるベイエリアのスラッシュメタルに血生臭さをまき散らしたようなオールドスクールデスメタルの魅力…それがこのアルバムはもっともわかりやすい形で提示されている。彼らのようなベテランが第一線で活動し続ける意味を考えればそこには進化とか停滞とは別の次元のサウンドが体感できるのではないだろうか。

 最後に一言。何とか来日してもらえないものでしょうか。

Encyclopaedia Metallum - Autopsy
タグ: Autopsy  Abscess  Death  USA  2013 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Summoning the Night : Black Cilice (2013) 

ポルトガルのノイズ・ロウ・ブラックメタルバンド、Black Ciliceの2ndアルバムを紹介。
ポルトガルのAltare ProductionsよりLPでリリースされ、後に日本のHidden Marly ProductionよりCD再発された。

Black_Cilice_2.jpg

1stアルバムから連続して2ndアルバムも紹介。
1st、2ndアルバム共に当初はアナログリリースのみで品薄状態だったが、
この2ndアルバムは日本のレーベル(Zero Dimensional Records直下)よりCD再発されたため国内でも入手しやすい。

1stアルバムから連続して聞いてみてもそこに大きい変化点はなく、
ノイジーでロウなメロウブラックメタルとして素晴らしい内容を持っている。
あえて違いを言及するならメロウさがより悲壮感あるメロディをベースに表現されていること。
このためヴォーカルの「ヒエーーーーーー」という叫び声も良い感じに調和している。

そういう意味では若干DSBM好きにより推しの強い音源になったとも言えよう。
あと#04"A Throne of Human Remains"のドカドカ疾走感とシックなノイズの調和は素晴らしい。
個人的には1stアルバムの方が好きだけどこの音源も素晴らしいと思う。
もちろんノイジーなメロウブラックメタル好きという人にしか勧められないけれども。

Encyclopaedia Metallum - Black Cilice
タグ: Black_Cilice    Portugal  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Anti-Cosmic Tyranny : A.M.S.G. (2013) 

カナダのブラックメタルバンド、A.M.S.G.の1stアルバムを紹介。
カナダのProfound Lore Recordsよりリリースされた。

amsg.jpg

カナダのデス・ブラックメタル的な紹介を受けて購入したものだったが、
Profound Loreリリースだけあって一筋縄ではいかないエクスペリメンタルデスブラック。
バンド名は"Ad Majorem Satanae Gloriam"というラテン語の省略形で、
「偉大なるサタンの栄光に」という意味のようだ。

Ouroborosなどで活躍したAngelfukk Witchhammer氏のほぼ独りバンドで、
確かに根底にはカナディアンデスブラックメタルの暴虐さがあるものの、
そこに北欧ブラックメタル的なダークなメロディと、
そして急にサキソフォンを挿入したりする実験的な要素が相まって、
オカルティックなエクスペリメンタルデスブラックに仕上がっている。

4曲目の"Gnosis Granted From The Bloodline Of Fire"は
タイトル通りグノーシス主義を題材にした楽曲だが、
展開が散漫ではあるものの佳曲といってよい攻撃的で特に素晴らしい。

このアルバムで技ありのドラムを叩いていたKaos Abhorrer氏は翌年、自殺で亡くなっており、
現在は元AntediluvianのBzath氏が担当している模様。

Encyclopaedia Metallum - A.M.S.G.
タグ: A.M.S.G.  Antediluvian  Canada  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Conquest War Famine Death : Death Nöize (2013) 

ルーマニアのブラック/スラッシュ/クラストメタルバンド、Death Nöizeの1stアルバムを紹介。
ハンガリーのMetal ör Die Recordsよりリリースされた。

Conquest War Famine Death

海外にオーダーするときタイトルだけでフィーリングで購入したもので、
後からルーマニアのSiculicidiumの元メンバーが在籍しているバンドだと知った。

タイトルだけなら完全にウォー/ブラックデスを想像してしまっていたのだが、
中身はまさにブラッケンドクラストとスラッシュメタルの丁度間くらいの音楽で、
やや軽いノリのブラックメタルという印象でもある。

Siculicidium譲りのパートも見え隠れするが、
あちらのようなオカルトの要素を取り入れることもなくもう少しパンキッシュ。
結果的にただ深みのないものになっているという印象だけが残ってしまった。

色々な要素を加えて混ぜて、というのは簡単な手法でもあり、
困難な表現方法でもあるのだということを考えさせられる一枚。

Encyclopaedia Metallum - Death Nöize
タグ: Death_Nöize  Romania  Siculicidium  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Suicidal Salvation : Black Altar (2013) 

ポーランドのブラックメタルバンド、Black AltarのEPを紹介。
ドイツのDarker than Black Recordsよりリリースされた。

black_altar_suicidalsalvation.jpg

以前2ndを紹介したが今作は素直にグレードアップ。
元々音楽的な側面にフィーチャーしたブラックメタルをやっているという発言もあったが、
単なる邪悪さではない重厚な世界観を表現したものになっている。

今回は明確にセッションドラマーがいるようだが正確なドラミングで、
シンセサイザーやSEの使い方も実に巧み。
どうやらFuriaMassemordのNihil氏が参加しているようだ。

但し音の分厚さ、曲の展開など少々疲れるところもあり、
そこに関しては「隙の無さが敬遠されるかも」と2ndアルバムでも指摘したとおりだが、
更にそれも進化しているところはまさに「個性」というやつなのだろう。
そういう意味ではEPくらいの尺はこのバンドにはちょうどいいのではなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Black Altar
タグ: Black_Altar  Poland  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Ripping To The Grind : Disgunder (2013) 

日本のグラインド/クラスト/スラッシュメタルバンド、Disgunderの1stアルバムを紹介。
日本のSinzycateからリリースされた。

Disgunder1.jpg

様々な経歴を持つメンバーや強烈なスタイルを持つ女性Vo.が参加するバンドで、
その基盤が反映したようにグラインド、クラスト、スラッシュメタルの融合したスタイル。
女性Vo.も女性らしさと男勝りが同居した攻撃的なスタイルで耳を惹く。

しかしこのアルバムの素晴らしいところはそういうプロットではなくて、
それらが混然一体となって攻め込んでくるところにある。
そのためバランスが取れつつも初期衝動を感じるところが素晴らしいのだ。

ゆえに上記ジャンルの好む人はきっと必ず引っかかる内容だろうし、
たまにあるジャンルをミックスさせたが故の中途半端さがないことを保障する。

なお先日、ようやく初めて生でライブを堪能したが、
ライブであっても上記感想に全く逸脱しないパフォーマンスだったことも記載しておく。

Encyclopaedia Metallum - Disgunder
タグ: Disgunder  Japan  2013 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Live May 16th 1993 Atco, NJ USA : Incantation (2013) 

アメリカはペンシルバニア州のデスメタルバンド、Incantationのコレクターズ盤を紹介。
リリースレーベル未記載のブート音源である。

incantation_lp.jpg

1993年に行われたライブ音源が収録されているブート盤。
どうやら150枚限定のリリースらしいが偶然、奈良のレコード屋で発掘したもの。
日本でもまだ売れ残っている(15'09/30現在)ので、
150枚のうち結構な数が国内に入ってきたのではないかと推測される。

閑話休題、レコード盤は掲載写真通り、Red wax仕様で気合が入っており、
また元々の音源の録音状態が良かったのであろうが、
ブートのライブ盤にしてはかなり高音質で期待(?)を大いに裏切ってくれた。

このライブ前年にリリースされた1stアルバムからほとんど選曲されており、
またVo.のCraig Pillardの咆哮ヴォーカルの迫力、そして邪悪さが生々しく、
初期Incantationのファンアイテムとしてはかなりおススメ。

Encyclopaedia Metallum - Incantation
タグ: Incantation  LP  USA  2013 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Demo : Crucem (2013) 

日本のブラックメタルバンド、Crucemの1stデモを紹介。
CD-Rによる自主リリース。

crucemdemo.jpg

この1,2年あたりで最も勢いよく出てきた日本のブラックメタルバンドの一つで、
来日バンドのオープニングアクトを早々に任されたり、
またASPIRINのメンバーも参加している関係の人脈筋もあってか。
ブラックメタルイベントに留まらず意欲的に活動の幅を広げている。

このデモに於いてもっとも印象的なのはやはりシンセワークで、
初期Gehenna(Nor)を思わせるチャーチオルガン風で、
とても不穏なサウンドを形成しつつGehennaとは違う突進力が魅力。

インナーに記載があるように国内ブラックの神秘性重視に対するアンチテーゼが痛快で、
雄弁に語ることなく音のみで示すことの意義を叩きつけている。

たった4曲とデモなので当然ながらあっという間に終わってしまい、
もっと聞きたいと素直に思わせてくれる素晴らしいデモだった。

Encyclopaedia Metallum - Crucem
タグ: Crucem  Japan  Aspirin  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Omen Ex Simulacra : Aevangelist (2013) 

アメリカのブラッケンドデスメタルバンド、Aevangelistの2ndアルバムを紹介。
フランスのDebemur Morti Productionsよりリリースされた。

Aevangalist2.jpg

海外のアンダーグラウンドメタルメディアで「2013年のベスト~枚」によく選出されていた一枚。
個人的にはこのバンドはこのアルバムが初めてだが、
メンバーの一人はBenighted in Sodomもやっている若者。

彼らの公式サイトのアドレスは"http://www.newobliviongospelmusic.com/"で、
ジョークなのかどうかわからないがゴスペルだけあって宗教的荘厳さがよく出ている。
Incantation的な地獄系デスメタルに宗教的な奏でを混ぜて、
重厚で神秘的なエクストリームメタルに仕上げている。

曲の展開、緩急のつけ方なども凝っており、
アルバムの完成度が非常に高い一枚。

Encyclopaedia Metallum - Aevangelist
タグ: Aevangelist  Benighted_in_Sodom  USA  2013 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

s/t : Borrowed Time (2013) 

アメリカはデトロイドの正統派へヴィメタルバンド、Borrowed Timeの1stアルバムを紹介。
ドイツのHigh Roller Recordsよりリリースされた。

Borrowed TimeBorrowed Time
(2013/11/05)
Borrowed Time

商品詳細を見る


以前、2010年に発売されたデモで完全ノックダウンされた経験から、
発売即購入したもののその時点ではあまり手ごたえを感じず。
多分、あのデモと比べてシケシケな哀愁をあまり感じない楽曲が多いせいかと。

1曲目からすぐにBorrowed Timeっぽさは伝わってくるのに、
どうもプラスチック造型のようなそんな気もしてきてしまうのだ。
いや、確かに正統派HMとして非常にかっこいいのだけれども…。

と、そこで#6 "Of Nymph and Nihil"ですよ!
これは完全にあのデモ準拠のしっけしけ哀愁メタルゥ!!!
しかし個人的にはこの一曲しか記憶に残らなかったとも言える。

人によってはパワーアップした!と受け取る人もいると思うが、
個人的には期待外れだったと言わざるを得ない一枚。

Encyclopaedia Metallum - Borrowed Time
タグ: Borrowed_Time    USA  2013 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top