Monolith : Amebix (1987) 

UKのメタル/クラストパンクバンド、Amebixの2ndアルバムを紹介。
UKのHeavy Metal Recordsよりリリースされ、以降相次いで再発された。近年では2016年にDissonance Productionsから。

Amebix2.jpg 

 メタル畑で生きてきた人間にとって、このAmebixというバンドはクラストの重鎮として名前こそ聞いたことあれど決して近い存在だとは思っていなかった。しかしこの数年、様々なウォー・ベスチャル・ブラックメタルバンドなどとのコンタクトを経て80年代のエクストリームなメタルとハードコアの影響が合い混じって現在にUGメタルシーンがあることを実感し、その中でこのバンドの名前も度々目にしたことで恐る恐る手を伸ばしたのがこのアルバムである。

 いわゆる自分の中でクラスト/ハードコアとして直感的に思いつくような一種の「明るさ」はこのアルバムを通して感じさせることはなく、UKの天気とも思わせるような薄暗さが支配している。演奏テクニックや曲展開なども秀でていて、粗暴さとは対極的であることから、「小難しくないVoivod」のようでもあるが、その薄暗さやミドルテンポの導入がそこに拍車をかけてこのアルバムだからこそ聞ける音楽性、そして世界観を構築している。それがブラックメタルにも通じるような作風になっており、結果的にかなり裾の広い支持を受けそうだと感じる。

 同時にこのアルバムは既に完成形であり何か手を加えたり、足し算や引き算も必要のない物であるように感じさせる。バンドとしても後にこのアルバムの存在はバンドの活動のターニングポイントだったと述べられているようだ。80年代を振り返るには既にかなりの年月が回り、単なるルーツとしての探索ではなく、ジャンルの垣根を超えて愛されるべき作品と言える。

Encyclopaedia Metallum - Amebix
タグ: Amebix  UK  1986-1990 
Harc Core  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Under The Sign Of The Black Mark : Bathory (1987) 

ブラックメタルの始祖、Bathoryの3rdアルバムを紹介。
アメリカのNew Renaissance RecordsとイギリスのUnder One Flagで共同リリースされた。


Under the Sign of the Black MarkUnder the Sign of the Black Mark
(2010/09/14)
Bathory

商品詳細を見る


個人的には4thアルバムが初めてBathoryを体験したものだったので
思い入れ含めて贔屓度は4thの方が上なのだが、
このアルバムがブラックメタルの明確な定義を形成したことは間違いない。

1st、2ndと形を変えながらもこのアルバムにおいては
その線形変化を飛び越すような異形な代物で、
サウンドプロダクションなど鑑みても、
当人ですら予測できず生み出されたのではあるまいか。
(現にクオーソンはこの作品はあまり気に入ってなかったみたいな話もある)

ダーティーでありながら低俗でない空気感はお見事というしかない。
ルーツ云々を前に一つの完成形として、
今でも現在進行形で聞くことができる稀有な作品。

Encyclopaedia Metallum - Bathory
タグ: Bathory  Sweden  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Hyper Trace : Scanner (1988) 

ドイツのパワーメタル、Scannerの1stアルバムを紹介。
ドイツのNoise Recordsよりリリースされ、2013年にDivebomb Recordsよりリマスター盤がリリースされた。
本稿は後者のリマスター盤を取り上げているがオリジナルとの差異は不明。


Hyper TraceHyper Trace
(1998/09/29)
Scanner

商品詳細を見る


まだ自分が6歳くらいだったと思うが兄の部屋にあった印象的なジャケットシリーズである。
なんとなく頭にこびりついていたものが大阪のロックスタックにあって購入。
その昔、聞いたわけでもなくて思い入れによるジャケ買いという珍しい動機。

ドイツのパワーメタルというとAcceptHelloweenなどいろんな有名バンドがいて
知名度という点でこのバンドはマイナー寄りのB級だと思われるが、
#01の"Warp 7"で脳みそを揺さぶられる猛烈パワーメタルが展開。

若干、アルバム全体通すとコンセプトが定まってない気がして
(近未来的な設定にしてるっぽいが、そうでもない)
なるほどB級らしい側面も見せるが、
そういうところも含めて楽しめる人なら強烈におすすめなアルバム。

ちなみに今年の1/23に新譜を出したそうで驚き。

Encyclopaedia Metallum - Scanner
タグ: Scanner  Helloween  Germany  1986-1990 
Power/Speed  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Final Separation : Bulldozer (1986) 

イタリアのカルトスラッシュメタルバンド、Bulldozerの2ndアルバムを紹介。
アメリカのRoadrunner Recordsよりリリースされ、最近ではポーランドのMetal Mind ProductionsよりDigi-CDでリリースされている。

Final SeperationFinal Seperation
(2013/01/29)
Bulldozer

商品詳細を見る


Venom、Motorheadの影響を受けたスラッシュメタルをやっているが、
同じような影響で同時期にバンドを始めたSodomとの違いとしては、
このアルバム時点ではかなりMotorhead寄りでおどろおどろしさはない。

但しまずサウンドプロダクションがセルフプロデュースだったらしく非常にロウで、
とはいってもブラックメタルを聞きなれている人なら全然問題ないわけだが、
とにかくこの手の音源としてはモコモコ感と軽さが同居しているような変な感じで、
この違和感がまさにBulldozerらしいカルト感を生んでいると思う。

この次の作品でかなりまともなスラッシュメタルを出してきたのは当時衝撃的だっただろうが、
このアルバムの何ともつかみどころの無さはSodomの初期作品と並んで、
後のブラックメタルに「良い意味で悪影響」を与えたのであった。

Encyclopaedia Metallum - Bulldozer
タグ: Bulldozer  Sodom  Italy  Venom  Motorhead  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Grave Desecration : Mutilator (1986) 

ブラジルのスラッシュメタルバンド、Mutilatorのデモ音源を紹介。
オリジナルは自主リリースだったが、近年ブートレグでLive音源(19曲)が追加されたものが出回っている。

mutilator.jpg

あのブラジルのCogumelo Recordsの初期リリースの代表バンドの一つ。
この音源自体はCogumeloと契約する前のもので貴重な音源。
音自体はまさしくコグメロサウンドな南米プレブラックの汚く黒い感じ。

また私が持っているブート盤は実に19曲ものライブ音源が収録されており、
#04-10はミナス、#11-16はサンパウロ、#17-22はリオで行われたもの(全て1986年)。
音質は劣悪だが、バンドの持つ魅力はそれによって強調されている。
あとMCのポルトガル語がまた実に臨場感がある。

ブート嫌いでなければこの音源は南米ブラック好きにはたまらないだろうし、
これは国内で購入したもので結構出回っているので手に入りやすい。

Encyclopaedia Metallum - Mutilator
タグ: Mutilator  Cogumelo  Brazil  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Mortal Way Of Live : Sodom (1988) 

ジャーマンスラッシュレジェンド、Sodomのオフィシャルライブ盤を紹介。
ドイツのSteamhammerよりリリースされて、後に国内盤としてテイチクからも再発された。

Mortal Way of LiveMortal Way of Live
(2001/10/09)
Sodom

商品詳細を見る


\ソードム!ソードム!ソードム!ソードム!ソードム!/
「ヘーイ!」

私が初めてこの音源を聴いたのは国内盤のベストであるSodomaniaにい収録されていたもの。
のちにこのライブ音源を聴いたことで改めて何でベストにLive音源収録するのか、
はなはだ疑問に思ったものだが何はともあれこのライブ音源は素晴らしい。

このライブツアーはSodomania Tourと題して1988年に行われたもので、
つまり2ndアルバムの"Persecution Mania"まででプレイされており、
Frank Blackfireがまだギターを弾いている。

これを聴く限り初期の音源からも採用しつつ、
当時ほどのドタバタ演奏から比べるとだいぶ演奏もまとまっていて、
スタジオ録音より出来が良いんじゃないかと思うものもあったりするが、
それでもまだまだ勢いで圧している感じが出ててグッとくる。

Sodomファンならもちろん持っていると思うが良いライブ音源。

Encyclopaedia Metallum - Sodom
タグ: Sodom  Germany  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Release from Agony : Destruction (1988) 

ドイツのスラッシュメタルレジェンド、Destructionの3rdアルバムを紹介。
ドイツのSPV/Steamhammerよりリリースされた。

Release from AgonyRelease from Agony
(2001/05/08)
Destruction

商品詳細を見る


出た!幼いころのトラウマジャケット!
まだ5歳とかそのくらいのときに兄の部屋に無造作に置いてあり、
そのジャケットの恐ろしさに泣きわめいてしまった思い出のアルバム。
トラウマレベルでSlayerの2ndを上回っている。

中身を聴いたのは大学生になってからだったが、
トラウマレベルが高かったせいかどうも薄気味悪いスラッシュだと感じた。
KreatorやSodomと比べてつかみどころがないというか、
精神的に歪んでいる倒錯した世界観が伝わってきたのを覚えている。

今となっては素晴らしいと悶絶して聴いているのだが、
やはりこの"危険さ"は随一にして唯一だと思うし、
それはスラッシュメタルではなくDestructionとして聞かせるサウンドで
フォロワーがいそうでいないレジェンドだとも思う。

Encyclopaedia Metallum - Destruction
タグ: Destruction  Sodom  Kreator  Germany  個人的良盤  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

From Enslavement To Obliteration + Scum : Napalm Death (1990) 

イギリスのグラインドコアの始祖、Napalm Deathの1st,2ndのカップリングを紹介。
このカップリングは日本のToy's Factory からリリースされた。

フロム・エンスレイブメント・トゥ・オブライトレーション+スカムフロム・エンスレイブメント・トゥ・オブライトレーション+スカム
(1990/11/21)
ナパーム・デス

商品詳細を見る


ハードコアからグラインドコアへの生まれ変わりとなった音源であったり、
CathedralのLee DorrianCarcassのBill Steerなどメンバーの豪華さで語られたり、
世界で一番短い曲としてギネスブックに登録されている音源が収録されていたり
日本の伝説的ハードコアバンドSxOxBとの関係など、
ググれば枚挙なくエピソードの絶えない音源。

そこらへんはここで語らないとして、
ここで紹介するのは日本からリリースされたこのカップリング音源で、
ボートラとしてEP盤"Mentally Murdered"から"The Missing Link"が収録されている。

計55曲というグラインド作品らしい収録数で、
結構Toy's Factoryグッジョブという内容なのだが、
昔は日本リリースはカップリング多かったんだよね(テイチクとかから)

Encyclopaedia Metallum - Napalm Death
タグ: Napalm_Death  Cathedral  Carcass  SxOxBx  UK  1986-1990 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Oddech Wymarlych Swiatów : KAT (1988) 

ポーランドのスラッシュメタルレジェンド、KATの3rdアルバムを紹介。
Poltonよりリリースされ、Metal Mind Productionsより2006年に再発された。

OddechOddech
(2006/05/22)
Kat

商品詳細を見る


バンド名は"executioner"のポーランド語で、
1979年より活動を開始、中抜けもあれど現在まで活動を続けている。
同郷のVaderもカバーアルバムで選曲するなど、
ポーランドではかなり有名なバンドのようだ。

自分もVaderのカバーを聞いてこのバンドを知ったのだが、
実際聞いてみると演奏がしっかりしていて、
スラッシュ一辺倒というよりパワーメタルだったりヘヴィなリフが出てきたり、
メタルアルバムとして完成度が高い。

その分、初期衝動感は全くないためスラッシュアルバムとしては
勢いが足りないと言うかちょっと残念な感じだが、
こういうアルバムも私は好きですね。

Encyclopaedia Metallum - KAT
タグ: KAT  Vader  Poland  1986-1990 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Epicus doomicus metallicus : Candlemass (1986) 

スウェーデンのドゥームメタルの第一人者、Candlemassの1stアルバムを紹介。
フランスのBlack Dragon Recordsよりリリースされ、その後様々な再発盤が出た。

EPICUS DOOMICUS METALLICUS : 25TH ANNIVERSARY EDITIONEPICUS DOOMICUS METALLICUS : 25TH ANNIVERSARY EDITION
(2011/05/16)
CANDLEMASS

商品詳細を見る


名盤2nd"Nightfall"のひな型的作品で、
アルバム名にもある通りエピックドゥームとしてあり方、
いや、更に言えばCandlemassとしてのあり方を示しあげた快作。

このアルバムではJohan Längqvistがヴォーカルを務めており、
2ndで交代したMessiah Marcolinと比べるのは酷だが、
こちらも十分エピックドゥームを大仰に表現する高音ヴォーカルの持ち主。

私は2ndを先に聞いていたので少し音源に対する思い入れは低いが、
こちらもドゥーム史に残る一枚と言っていいだろう。
Leif Edlingの才能は底抜けである。

Encyclopaedia Metallum - Candlemass
タグ:   Candlemass  Sweden  1986-1990 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top