Spreading The Disease : Anthrax (1985) 

アメリカはニューヨークのスラッシュメタルバンド、Anthraxの2ndアルバムを紹介。

Spreading the DiseaseSpreading the Disease
(1990/06/04)
ANTHRAX

商品詳細を見る


スラッシュメタル四天王に入っているらしいバンドなのだが、
他のSlayer、Megadeth、Metallicaと違って幼少期に耳にしなかったため、
私にとってはあまり思い入れの無いバンドである。

とはいえ、スラッシュメタルにパワーメタルがミックスされたような音で、
スラッシュメタルらしさが素晴らしいというよりパワーメタル然しているところが、
なるほど聴きやすいかっこいい音になっている。

アメリカらしいロックヒーロー像とも合致するようなサウンドなんじゃなかろうか。

Encyclopaedia Metallum - Anthrax
タグ: Anthrax  1981-1985  USA 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Show No Mercy : Slayer (1983) 

アメリカのスラッシュメタルの帝王、Slayerの1stアルバムを紹介。

Show No MercyShow No Mercy
(1994/01/14)
Slayer

商品詳細を見る


順番としては2nd-3rd-4th-1stの順にSlayerをたどったのでちょっとびっくり。
かなりNWOBHMの影響を強く受けたサウンドでおそらくVenomらの影響もあるだろう。

今となってはSlayerもこんなノーマルなサウンドだったの?と反応しそうだが、
1983年という当時にしてはとんでもなく速くて過激な音像だったんだろう。
歌詞を見てもサタニック、アンチキリストを主題にしている。

今のエクストリームミュージックに絶大な影響を与えた一枚だと思われる。
ちなみにTom Arayaの一部ハイトーンヴォーカルはなかなかびっくりする。

Encyclopaedia Metallum - Slayer
タグ: Slayer  Pioneer  USA  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

The Return...... : Bathory (1985) 

ブラックメタルの始祖にして、一人バンドのBathoryの2ndアルバムを紹介。

The Return......The Return......
(2010/09/14)
Bathory

商品詳細を見る


1stはVenomをマジ解釈しちゃったハードコアナイズなブラックスラッシュだったが、
ついにこのアルバムでは後のブラックメタルの要素をそろえたといってよい。

ノイジーなギターがジリジリと迫り、ヴォーカルスタイルもまさにブラック。
この頃の、他のブラックメタルルーツな作品はここまで邪悪でブラックな作風はなかった。
どちらかというと過激であることを至高にした作品たちだった。

しかしこのアルバムは全く異なり、既にほぼ完全なブラックメタルをプレーしている。
その作風としての完成度は3rdに譲るが、こちらも生まれたての生々しさを存分に楽しめる。

Encyclopaedia Metallum - Bathory
タグ: Bathory  Sweden  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Kill 'Em All : Metallica (1983) 

アメリカのスラッシュメタルバンド、Metallicaの1stアルバムを紹介。

キル・エム・オール(紙ジャケット仕様)キル・エム・オール(紙ジャケット仕様)
(2010/09/25)
メタリカ

商品詳細を見る


Slayerの1st、HellhammerのDemoと同じ1983年に産声を上げたスラッシュ名盤1st。
NWOBHMの様式美と、Motorheadの激烈ロックンロール、そしてDischareなどのハードコアパンク。
まだ20歳前後のメンバーが大好きな音楽を好き勝手に混ぜ込んで、
豪快にプレーしてみたらスラッシュメタルが出来ちゃった、という感じ。

恐れを知らず、成功も知らず、とにかくやりたいことをやる。
若さが満ち溢れたサウンドにはスラッシュメタルらしさに満ち溢れている。
3rdからMetallicaに入った人には驚くべき内容だろう。

05 / Pulling Teeth
には故Cliff Burtonのソロベースプレイが聴ける。

Encyclopaedia Metallum - Metallica
タグ: Metallica  USA  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Fear Of Tomorrow : Artillery (1985) 

デンマークのスラッシュメタルバンド、Artilleryの1stアルバムを紹介。

Fear of Tomorrow (24bt)Fear of Tomorrow (24bt)
(2008/09/02)
Artillery

商品詳細を見る


スラッシュメタルの名盤といえる2nd、3rdに比べるとやや影の薄い1stだが。
演奏面も含めて十分質の高いスラッシュメタルを展開。

アグレッシブさは2ndの方がだいぶ上だが、
サウンドプロダクションの妙味もあってか、おどろおどろしいスラッシュであり、
このようなサウンドがこの時期にデンマークと言う土地で生まれていたのは凄い。

ちなみに結成は1982年で自分と同じ年なため、そこらへんがビビッとくるのだが、
アメリカではMettalicaSlayerが生まれていたころであり、
このバンドの凄さを改めて思い知るのであった。

Encyclopaedia Metallum - Artillery
タグ: Artillery  Danmark  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Killing Is My Business...And Business Is Good! : Megadeth (1985) 

アメリカのスラッシュ"Big Four"バンドの一つ、Megadethの1stアルバムを紹介。

Killing Is My BusinessKilling Is My Business
(2010/05/25)
Megadeth

商品詳細を見る


Killing Is My Business (Rmx)Killing Is My Business (Rmx)
(2002/02/05)
Megadeth

商品詳細を見る


前者がオリジナル(1985)のジャケット、後者がリマスター(2002)のジャケット。
メンバーがクスリやりまくりでサウンドプロダクションが悪かったオリジナルに対して、
リマスター盤は音質においてかなりの向上を見せている他、デモ音源も収録。

この1stは当時、あまりの音質の悪さに評判が芳しくなかった。
しかし自分は当時からMegadethの中で一番気に入っていたアルバムだった。
スラッシュメタルらしさとMegadethらしさがバランス良く入っているし、
同時に若さという突き抜けた勢いがするのはこのアルバムだけだと思う。

しかしながら所持していたオリジナル盤を数年前紛失してしまった。
最近になってリマスター盤を購入したのだが、音像がはっきりして素晴らしいと感じた。
でもオリジナル盤の音質の悪さもまた一つの味だったと思う。

Encyclopaedia Metallum - Megadeth
タグ: Megadeth  個人的良盤  USA  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bonded by Blood : Exodus (1985) 

アメリカのベイエリア・スラッシュバンド、Exodusの伝説的な1stアルバムを紹介。

Bonded By Blood (2009)Bonded By Blood (2009)
(2010/05/25)
Exodus

商品詳細を見る


ベイエリア・クランチという"ジャギジャギ"したギターサウンドを前面に押し出し、
Paul Baloffの狂気のヴォーカルが最大限に生かされている。
リフのカッコよさなども素晴らしいが、どこも足し引きできない伝説のアルバムだ。

バンド的にはこのデビューアルバムから更に進化していきたかっただろう。
しかし、最高のサウンドで高らかにベイエリアスラッシュの誕生を宣言しながら、
既に歴史的最高傑作を出し終えてしまったのは、何とも皮肉な話だ。

そこまで危ういバランスの上にこの傑作は存在したし、だからこそ傑作なのだ。
同じジャンルのForbidden、Testamentあたりもデビューアルバムが最高傑作だし、
音楽的成熟を進めようとした結果、いずれのバンドもこけてしまったのだろう。

一時期、シャム児を描いたオリジナルのジャケットカバーはモラル的観点で発禁処分にあったが、
ここのところのリマスター版ではオリジナルのものに戻っている。
タグ: Exodus  USA  Bay_Area  個人的良盤  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Speak English or Die : S.O.D. (1985) 

アメリカのAnthraxScott Ianが、
思い付きと勢いでハードコアとスラッシュメタルのクロスオーバーを実現させた、
Stormtroopers of Death (S.O.D.)の1stアルバムを紹介。

Speak English or DieSpeak English or Die
(2000/02/22)
S.O.D.: Stormtroopers of Death

商品詳細を見る


完成した経緯を聞くと、改めて奇跡的なアルバムであったと思う。
今では考えられないくらいのハードコアとスラッシュメタルというジャンルには垣根があり、
その垣根を取っ払って両者の優れているエクストリーム成分を両立させた。

今でこそ目新しい手法ではないのだが、当時の驚きはとんでもなかっただろうし、
そしてそれを実現させた『ノリと勢い』がつまっているこのアルバムは、
凡百のスラッシュメタル、ハードコアバンドを打ちのめすパワーを今でも十二分に感じる。

このアルバムが後にデスメタルとグラインドコアが派生した一因になったと思われる。
タグ: S.O.D.  Anthrax  USA  1981-1985 
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Bathory : Bathory (1984) 

(カルト)ブラックメタルの始祖にして、一人バンドのBathoryの1stアルバムを紹介。

BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)BATHORY(直輸入盤・帯・ライナー付き)
(2009/02/14)
BATHORY

商品詳細を見る


ブラックメタルというジャンルのネーミングは間違えなく、
VenomBlack Metalというアルバムから来ていますよね。
音楽的にもサタニックイーヴルな歌詞とノイジーなサウンドという、
サタニックスラッシュメタル?ブラックメタルを誕生させるに至った重要なアルバムです。

しかしながらVenom自体はサタニックイーヴルをファッションとして用いていました。
彼らはイギリスのバンドですし、ロックをファッションとして標榜しやすいお国柄。
過激を売りにしたいがための「手法」であったと考えます。
だからこそVenomには背徳、暗黒といったものがなかったのです。

しかし、このブラックメタルというものが北欧に渡ったとき、
北欧の「彼ら」はファッションに解釈を求めませんでした。
そこに真の暗黒を見たのでした。
強いて言えば「ジョークを本気にしてしまった」とでもいいましょうか・・・。

Bathoryは「本気」にしてしまった第一人者であり、
真のブラックメタルの種を蒔いた張本人です。
ゆえにブラックメタルの始祖はこのBathoryだと思うのです。

このアルバムはそのBathoryVenom解釈です。
2年前に出たVenomBlack Metalと聞き比べてください。
確かにBathoryのこのアルバムはVenomそのままです。
しかしこの邪悪さ、暗黒…Venomにはないものがここにあるのです。

今、聞きなおしていますが、やはり最高に邪悪ですね。
ワルではなく悪です。

これこそイーヴル。

SodomIn The Sign of Evilも同じ年にリリースされています。
こちらもまたVenomの解釈でしたね。
タグ: Bathory  Sweden  好きなジャケット  Pioneer  1981-1985 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Seven Churches : Possessed (1985) 

ベイサイドの初期サタニックスラッシュバンド、Possessedのデビューアルバムを紹介。
なお、有名な話だが、このアルバムの時点ではメンバーは全員、高校生だった。

Seven ChurchesSeven Churches
(2008/06/23)
Possessed

商品詳細を見る


ベイサイドスラッシュというと、Exodusなどが代表バンドであろうが、
その中で、確実に異彩を放っていたのがこのPossessed

1曲目に映画「エクソシスト」のイントロを流用して悪魔的、呪術的な印象を与えた後に、
一気に演奏を爆走していくことで、まさにサタニックスラッシュの印象を植え付けた。

演奏自体はギターはなかなかテクニカルなプレイをしているが、
ドラムがかなりもたっていて、お世辞にも上手いとは言えない。
しかし、このもたれぐあいがリズムの不調和をもたらしていて、
逆にアルバムコンセプトにぴったりだったり。

当時はまだなかったデスメタルという概念を発芽させた一因の一枚。
こういうルーツをたどっていくのもメタルの楽しさだと思う。

Encyclopaedia Metallum - Possessed
タグ: Possessed  USA  1981-1985  Pioneer 
Thrash  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top