FC2ブログ

Warhymns : Zygoatsis (2009) 

Zygoatsis_demo.jpg タイのウォー・ブラックメタルバンド、Zygoatsisのデモ音源を紹介します。
タイのSick Chainsaws Productionsよりlim.222でテープフォーマットにてリリースされました。2010年にフランスのArs Funebris Recordsよりlim.200でやはりテープで再発されています。

 音源一本一本に対する思い出ってありますよね?大量買いして埋もれちゃってこんなん買ったっけ?みたいなものも多いのですが、逆に出会い方とかで結構印象が変わったりとかも。私はこのテープ、Deathrash Armageddonさんの実店舗で購入させていただいたものなので、それが凄い記憶に刻まれていまして。通販でお世話になり、本ではインタビューさせてもらい、函館の実店舗にお伺いさせていただくのが夢だったのです。そして急遽、強行日程で1泊2日で函館旅行に行くことになり、妻とは現地で夜に合流すると。一人で日中過ごすことになったのでこりゃ行くしかない!と。そして買わせてもらったうちの一つがこれなんですね。ウォーベスチャルな音源で10本の指に入ると思っているZygoatsisの唯一のフルアルバム "S.K.U.D. (Satanic Kultus - Unholy Desecration)" はもちろんDAさんのリリースでしたから、この出会いは個人的にめちゃくちゃ意味深いものだったのです。

 自分語りが増えたのは年のせいかもしれませんが、閑話休題、内容の方に話を移します。タイトルからして確信犯的な作品ですが、デモ音源らしい音質の悪さもあってか、1stアルバムのような何もかも蹂躙する迫力には欠け、その分ロウでライブ感のあるデモになっていると思います。知っている限りですが#4 "Zygoatikal Epidemic Assassination" はこの音源以外では聞くことができないはずで、その点でもコレクションに加えたい1本と言えることでしょう。あの1stアルバムへのマイルストーンの一つなのですから。

 そうそう、Zygoatsisは最近どうしているのかと思ったのですが、Avaejee氏の死後、2016年に
Weerabhatra氏というギタリストが加入するも、今度は私がやっているディストロでもよくお世話になっているInhuman Assault ProductionsのPatiwat氏が2018年に脱退しています。んでなんと後任はあのフィリピンのKorihorの現行メンバーであるElohim氏なんだそうです。完全に余談ですがKorihorは今年、デモ音源をInhuman Assault Productionsからリリースしているんですよ(笑)。東南アジア勢力の活気を感じさせますね。ということはZygoatsisもそろそろ新しい音源を、だなんて期待もしちゃいます。
タグ: Zygoatsis  Thailand  2006-2010  デモ 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top