お知らせ 

本を出しました。

コラム「ウォー・ベスチャル・ブラックメタルとは何か」連載中
その他  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

Prologue : Risingfall (2016) 

日本は東京のへヴィメタルバンド、Risingfallのデモ音源を紹介。
CD-Rの自主製作でリリースされ、2017年にはBandcampでも公開された。

risingfall_demo.jpg 

 SNSなどでこのバンド名を見かけたのはそこそこ前のことだったような気もするが、この音源が公式にはデビュー音源なはず。Dues新宿で行われたウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック発刊記念イベントにこのバンドのVo.が遊びにいらしたときに御厚意でいただきました(多謝)。あの後もいろいろ公私共々忙しく、ようやくこの場で感想を記すに至り大変遅くなりました。とはいえ、それとこれとは別とばかりに率直な気持ちを述べよう。

 3曲入りのデモはどれも顔付きが異なる仕上がりで今後の方向性を占ううえでデモらしいデモだと言えよう。#01 "Livin' On The Edge"はシケシケのNWOBHMの雰囲気を帯びつつも展開するのはドイツのScannerの1stアルバム辺りを思い出させるB級パワーメタルでなかなかカッコよし。ヴォーカルのハイトーンはまだまだ安定しないところもあるが、それより安易なスタイルに逃げない潔さも好感。#02 "Kill By Wheels”は3曲中、最もスラッシュメタルの要素を感じさせる刻みが入りつつ、ダミ声のスタイルで攻め立てる。バンドの表現力の多彩さ(特に作曲)を感じさせる一方で、このスタイルだとあまりこのバンドの強みにあたる陰陽のコントラストがついておらずボヤけた印象を持った。#03 "Epilogue"は一転クサメロ全開の日本語歌詞がグッとくる昔ながらのジャパメタという感じのスタイル。昔の「鹿鳴館メタル 」みたいな感じ。

 「俺たちのスタイルはこれだ!こんなこともできるぜ!」というまさにデモとしての矜持を全うした音源であり、これからの活躍に期待が持てるものであった…と書いていたら、こんなライブ情報が飛び込んできた。

risingfall_live.jpg 

 凄いメンツ…なんてこったい。彼らはまさに今階段を一歩一歩着実に上っている…!いつかビックネームになってくれたらこのデモ音源を手に「俺はこの時から確信していた」と自慢しちゃおう。

Encyclopaedia Metallum - Risingfall
タグ: Risingfall  Scanner  Japan  2016 
HR/HM  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Necrobestiality Tales (Eternal Damnation) : Necrofucker (2012) 

ペルーのカルト・デスメタルバンド、Necrofuckerの1stアルバムを紹介。
ペルーのPentagram Recordsよりlim.300でリリースされた。

Necrofucker_1.jpg 

 1987年結成で、あのAnal Vomitの前身バンドだと言われている。1989年にデモ"Demencia Precoz"をリリースしたものの1992年からAnal Vomitの活動に切り替えたようだ。初期Anal Vomitはまだゴア趣味のあるUGデスメタル要素が強かったのだが、それはこのバンドの延長線スタイルだったようだ。その後、00年代にAnal Vomitの名前がGoat Semenとのスプリットを通じて台頭していった中、前身バンドのパーマネントメンバーであったWalter Profanador氏によって新たにメンバーが集められ、2009年に「再結成」されて作成に至ったのが本作である。

 ジャケットは部族の首狩りによる儀式が描かれており、酋長らしき人物の羽で飾られた衣装からもアンデス文明のナスカ社会を示したものであろう…といきなり真面目な書き出しから一転、飛び出すサウンドは南米ベスチャルもビックリのズタボロ崩壊カルトデスメタルである。このバンドの場合、ペルー産だからかいわゆるノイズグラインド的な凶悪さではなく、単純にまず演奏がヒドい。リズムが全く取れておらず、即興バンドなのではないかな?とか思ってしまうほど自由な気風に裏打ちされた崩壊さである。

 恐らくこのアルバムに手が伸びた人はAnal Vomit関連だから、という人が多いのではないかと思うが、それだとかなりガッカリする内容で、それよりももっと崩壊デスメタル好きという二ッチもニッチなマニアというかフェチにお勧めしたい内容である。というか個人的にはお勧めという感じではなく、こんな音源もありますよという程度だが…。しかし色々聞こうとしたらたまにこういう作品にも遭遇して、何やらホッコリするみたいなところはある。

 これ300枚しか出回ってないはずなのに当時、それなりの枚数が日本に入ってきていたような気がしていて末恐ろしい限りである。

Encyclopaedia Metallum - Necrofucker
タグ: Necrofucker  Anal_Vomit  Peru  2012 
Death  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Legions of the North : Fjorsvartnir (2012) 

デンマークのメロディックブラックメタルバンド、Fjorsvartnirの1stアルバムを紹介。
セルビアのGrom Recordsよりリリースされ、2014年には日本のHidden Marly Production(ZDRの国外バンドリリース部門)より再発された。

Fjorsvartnir_1st.jpg 

 知る人ぞ知るデンマークのPurification Kommando(2012年に解散済)のドラマーだったAzathil氏が2010年に一人で立ち上げたブラックメタルプロジェクト。Purification Kommandoは無慈悲冷酷系ウォーブラック、そしてもう一つ氏が参加しているBlodarvはUG系ペイガンブラックだった。それに対してこのバンドは90年代の北欧ブラックメタルを再現せんとばかりに構築された楽曲群で、どことなくDissectionだったり、Satyriconだったり…、地下感の薄いサウンドが飛び出してくるではないか。

 しかしながら決してそのようなメジャーバンドの猿真似というわけでもなく、どちらかというとその手の有名なバンドに影響を受けて出てきたフォロワー群の集団を思い出させる。様々なバンドがエポックメイキングな北欧ブラックメタルというスタイルを目の当たりにして、その影響を受けながらアイデンティティとオリジナリティの狭間でもがいていた90年代のことだ。

 恐らくあの頃にこのバンドが活動していたとしたら「良質なフォロワー」に留まっていた可能性が高い。しかしこのバンドを語るならまさに現在という時間がフォーカスされる。この時代にこの作品をやることに意味があるのではないだろうか。「オールドスクールなエクストリームメタル」として盛り上がった80年代回帰の流れの次にきているのは90年代回帰であろう。新しいものを産み出すのではなく、難しくこねくり回さないスタイルとしての北欧ブラックメタルに回帰するバンドとしてはなかなか面白い存在である。

Encyclopaedia Metallum - Fjorsvartnir
タグ: Fjorsvartnir  Denmark  2012 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Leere : Kältetod (2005) 

ドイツの独りメロディックブラックメタルバンド、Kältetodの1stアルバムを紹介。
ドイツのWestwallEternity Recordsよりリリースされ、2010年にはEternity RecordsよりデジパックでのCD盤で再発された。本稿もその再発盤より。

kaltetod_1st.jpg kaltetod_1st_re.jpg
(左がオリジナル、右が再発)

 Kältetodは以前に紹介したEternity Recordsのレーベルコンピレーション盤で存在を知ったのだが、とにかくあの収録曲"Ätherwinde"の寒々しくも流麗でありながら疾走感のあるメロディックブラックメタルは素晴らしいものがあった。それが2005年に作られたものの当時の作品に使われなかった未収録曲だったということで、ではこの2005年にリリースされた1stアルバムは如何ほどのモノかと後追いで飛びついたのであった。

 アルバム名はドイツ語で「空虚」を意味し、神秘的なシンセサウンドによるイントロ"Einführung"から、10分超の長尺曲である"Wiederhall Der Leere"は期待していた疾走感のあるメロディックブラックメタルが展開されるが、そのタイトルが「空虚のエコー」ということでデプレッシブ感が強い。更にその後に続く楽曲はミドルテンポの実直なメロディをベースにした内容で想像とは異なるものだったがこれはこれでクオリティの高さが光る。

 再発盤はオリジナルで収録の有った"Hypnos"が削られて、代わりに2曲追加されており、そちらはややデプレ感が薄れているため、デプレッシブブラックが不得意な人にはこの追加曲の方が好みかもしれない。なお、その"Hypnos"とそれから"Ätherwinde"がめでたくBandcampにて公式で公開されており、楽曲コンプができずに困っていた人にはうれしい対応である。

Encyclopaedia Metallum - Kältetod
タグ: Kaltetod  Germany  2001-2005   
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

We Bring the Goat Massacre on the Men's World : Goat Vengeance (2005) 

ブラジルのゴートメタルバンド、Goat VengeanceのEP盤を紹介。
ドイツのNecromancer Recordsより7"盤でリリースされた。

GV_EP.jpg 

 "Goatwatchers United - Satans Goats Tribute"という4wayスプリットをご存じだろうか。Goatが名前についているバンドの企画盤である。そこにGoat Semenが参加したためごく一部のマニアからは有名になった作品である。そしてこのGoat Vengeaceも一曲提供している。その記憶があったためにこのEPを買ってしまった。きっとマニアックな内容であろうと。それは当たっていた。とてつもないマニアックな作品だった。

 かなりのゴミ感がある。リズムを取る気があまりない演奏や、絶妙にやる気が足りないヴォーカル(→ここが重要でただ単に気の抜けたヴォーカルなのではない)、間の抜けたギターリフなどなど脱力系のゴミ感なのだが、どうも謎の魅力を感じる。メロディの使い方に中毒性があるのだ。そうなってくるとそのそのリズムのズレ方にも魅力を感じてきてしまう。いかんぞ、これはいかん。

 こんなものを褒めてはいけない。こんなものを聞いていてもドヤ顔などしてはいけない。そういうものだ。こういう音源は評価されてはいけない類のものだ。たまたまこのアルバムを聞き終わった後、Hades Archerの"Penis Metal"を続けて聞いたのだが、やはりウォー・ベスチャルとしての質の差があまりに歴然としている。でもこういうゴミ音源もたまには楽しみたくなる時もある。

Encyclopaedia Metallum - Goat Vengeance
タグ: Goat_Vengeace  Brazil  Z級  2001-2005 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Split : Begräbnis / Estrangement (2014) 

日本のフューネラルドゥームメタルバンドBegräbnisと、オーストラリアのフューネラルドゥームメタルバンドEstrangementのスプリットを紹介。

split_begrabnis.jpg split_Estrangement.jpg

 Begräbnisを始めて見たときの衝撃はなかなか忘れられない。バンド名はドイツ語で「葬式」を意味するとのことだが、自分の浅いながらも持っていたフューネラルドゥーム像とは異なる印象を受けた。演出を含めて世界観をはっきりと持っており、音像も独特だ。安易に使いたくない言葉ではあるが唯一無二と称したくなるバンドであった。後に楽曲作成の裏話を小耳に挟んだが、他国のフューネラルドゥームと異なる理由を垣間見た気がした。

 さて、そのライブに感動して購入したのがこのスプリット。両バンド、一曲ずつではあるが合わせて20分弱の収録。Begräbnisサイドは聞いているうちにその鈴の音やテルミンなどの効果的な使用によってジリジリと冥府へと誘われていきそうな作品。こういう作品で10分というと冗長に感じそうなものだが、それがないのが凄い。これがその「世界観」の賜物であるように思える。

 一方でEstrangementの方は様々な要素を混在しているBegräbnisとはある種の対角線にありそうなスタイル。クラシカルなメタルスタイルから、はたまたウォー・ブラックさながらのスタイルまで幅広い。特に後者のスタイルは個人的にかなり素晴らしく感じられ、前半の鬱屈さを粉々に磨り潰していくような音楽性にグッときた。

 両バンドともフューネラルドゥームというジャンルに根差しつつ、更にそこから独自の路線を突き詰めていく気概を感じさせる素晴らしいスプリットである。

Encyclopaedia Metallum - Begräbnis
Encyclopaedia Metallum - Estrangement
タグ: Begrabnis  Estrangement  Japan  Australia  2014 
Gothic/Doom  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Blackground : Kalterit (2016) 

フィンランドのブラックメタルバンド、Kalteritのミニアルバムを紹介。
日本のDeathrash Armageddonよりリリースされた。

Kalterit.jpg 

 フィンランドのトレンドスローター軍団ことSadokistに在籍するSadist Stalker氏により独りブラックメタルバンドである。何せ「90年代こそが本当のリアルであり、現在のカセットテープやらアナログレコードにも唾を吐いて、CD媒体をサポートすべき」だと言っている連中だから、独りバンドでもさぞかし…と思って聞いてみるとこれが面白い。

 Sadokistでも展開されているブラック・スピードメタル成分も感じられるが、それよりスラッシュメタルの影響下にありながら邪悪さが飛びぬけて演出面においてもオドロオドロしさが光り、シンセサイザーの使い方も懐かしく、単調なトレモロリフによって強引に推し進められるスラッシーなナンバーは90年代前半のブラックメタルを忠実に再現していると言えよう。特にフィンランドのブラックメタルらしさといえばUrnあたりが思い浮かぶスタイル。

 急にメロディックなリフが挟まったり、イーヴィルなハードコアにも近い楽曲もあったりするなど、とにかくあの頃のサウンドを詰め込んだミニアルバムで、イントロを含めないと4曲20分弱程度の収録時間であるものの、90年代リスペクト全開さが様々なカラーで現れていて素晴らしい。

 どうしても80年代のエクストリームメタルというものがオールドスクールと評されがちではあるが、既に90年代も20年以上前のことであり、今後ますます90年代をリスペクトした若手バンドも地下で増えてきそうだと感じさせる。

Encyclopaedia Metallum - Kalterit
タグ: Kalterit  Sadokist  Urn  FInland  2016 
Black  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ABC Butchers Co. Ltd. : Butcher ABC (2016) 

日本のオールドスクールデス/グラインドコアバンド、Butcher ABCの1曲入りシングルを紹介。
日本のObliteration Recordsよりリリースされた。

ButcherABC.jpg 

 はるまげ堂オーナーにしてButcher ABCのリーダーであるNaruさんの御厚意で、先日のDeiphago来日にて二日間メンバーと帯同させてもらったわけだが、その時の話は後日談としていずれポストするとして、二日目の物販スペースにてこのシングルを買わせてもらったのだ。「一曲しか入ってないけど良いの?(笑)」と聞かれたのも記憶に新しいのだが、説明不要のお肉屋さん、ジャケットには「100%人肉」と遊び心が素晴らしく、再生してみればいつものButcher ABC節が炸裂してたった一曲、されど一曲だ。

 思えば2015年11月から本を書き始めてからというもの、自分が聞くのはどうしても「ウォー・ベスチャル」に絞られてしまっていた。好きで聞いていてもやはりそればかりとなってしまうと慣れが生じてしまう。さて本を書き終わってからというもの、他のジャンルを聞いてみてもオールドスクール的なエクストリームさからの「物足りなさ」を感じてしまい、素直に楽しめないジレンマに悩まされていた。

 そんな中、Butcher ABCのオールドスクールなデスラッシュ・グラインドサウンドはそのようなジレンマを蹴飛ばしつつ、更にもう一度、目を見開かせてくれるような感覚を抱かせてくれる。デスメタルやグラインド、そしてスラッシュメタルをもっともっと聞きたくなるのだ。優れたサウンドは聞いた人の背中を押す何かがある。もっとも押された先は崖の下ってこともあるのだけれども。

 今年の夏にリリース予定のフルアルバムからの先行シングルとのことで待ちきれないですね。

Encyclopaedia Metallum - Butcher ABC
Grind Core/Gore  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Interview with Voltaire 666 from DEIPHAGO (English version) 

Deiphago_LOGO.jpg 

The ultimate annihilation in audio torture DEIPHAGO is coming soon to Japan!!
This interview is for the promo of the Japan tour.
(Japanese version)



Q1 Japanese extreme metal maniacs are excited after hearing that Deiphago Asian tour includes the show in Japan. Have you ever been to Japan?
 
Salutes! This will be our first time ever in Japan and we are looking forward to it!

Q2 Tell me about your image of Japan. 

It would be awesome to see the Japanese temples where the Samurais went to before they make their kill. Japan has a God of war similar to the Philippines. Tradition and vast cultural heritage is a must see in Japan.

Q3 Can you remember anything when you created Deiphago in Philippines, 1989? Singapore black/death metal bands like Abhorer and Impiety are known well as South Asian underground metal legends. At that moment, was there “metal scene” in Philippines? 

Deiphago-demo 1991We started the death/ black metal scene in the Philippines back in 1989 as Satanas. We later changed our name to Deifago in 1990 and released our first demo in 1991. I used to be in contact with Makoto of Occult Grinder zine, he interviewed us on his 3rd issue. We released two more demos, demo 1993 and demo 1997 and were given to inner and select allies. We were very much active in our country playing live and even formed the Asiatic black metal circle in the Philippines with local bands Kambing and Ebwa.

Deiphago-1992.jpg 

Q4 The early Deiphago in Philippines was sounded like Sarcofago and Hellhammer, and gradually added Blasphemy, Beherit and so on Black/Death/Grind influence. At the time, how did you get the foreign band’s material? Trade? 

I did a lot of trading with the bands and also got promos as I was doing a fanzine back then, Warewolf zine. I was in contact with Euronymous(Mayhem), Beherit, Impaled Nazarere, and Marduk when they don’t even have any albums out yet. Some of them would send me recorded stuff of different bands compiled on cassette. I bought my Beherit Dawn of Satan’s Millenium 7” straight from Turbo back when it was first released.
 
Deiphago-1993.jpg 

Q5 Why did you stop the band from 1998-2004? Because Sidapa and you relocated to Costa Rica? 

Living in the Philippines is a lot different culture than any other country. You wouldn’t survive with just the band. We had to go and live our mundane lives in order to support ourselves. We also had problems with drummers as they cannot keep up with our standards. 

Deiphago-2006.jpg

Q6 Do you have the plans to reissue 1st album “Satanik Eon”? In Japan, 2nd album “Filipino Antichrist” from Hell Headbangers and split w/Abigail & Ironfist from Slava Productions are known well because it is difficult to get 1st album in Japan. 

Satanik Eon will have a cassette tape reissue via Von Frost records, Canada in June and will be limited to 100 copies. The die-hard version will include a Satanik Iron Cross pendant. Get a hold of Von Frost before they’re all gone. http://vonfrostrecords.blogspot.ca/

deiphago-2009.jpg

Q7 2nd album is called “the ultimate annihilation in audio torture” by Hell Headbangers. I agree. How did you make up? What is the based on? Satanism, Anti-Christ, South Asian pride, anger, hatred...?? 

Back when “Filipino Antichrist” was released. There was no band harsher than us and I still think there is none even now. We wanted to release the most chaotic album ever at that time. The most Satanic evil music put into record and that is what we have achieved with the 2nd album. It is a classic on its own right and has influenced a lot of bands around the world.

Deiphago-2012.jpg 

Q8 3rd album “Satan Alpha Omega” and 4th album “Into the Eye of Satan” have more deeply chaotic style. I think that hardcore like Siege brought the style, right? 

Back when the 2nd album was released we called ourselves the Siege of black metal. The 3rd and 4th albums have more technical stuff in them yet it retains the chaotic madness of the first two albums. We always push the limits of bestial black metal with each new release. If you listen to all our albums you will see the progression that happened in each one. No one sounds like us and we don’t sound like anyone. We are the one and only Deiphago, the ultimate annihilation in audio torture.

Deiphago-2015.jpg 

Q9 What are you looking forward to the most in Japan? 


To finally play and desecrate the stages in Japan!


Q10 Would you express your wish for this Asian tour?

 

To inflict upon the Asian hordes the violence that resonates from our music!


Q11 Do you have a plan to release DVD movie or Any format music of this Asian tour?


We shall see. It all depends on the material that we can gather.


Q12 At last, please tell me your message to Japanese metal maniacs.


Keep the black flame burning! Hail to all you Japanese maniacs who support us!


All Thanks. We're waiting for you in Japan!






Deiphago_JPtour.jpg
The flyer

DEIPHAGO_comp.jpg 
Anthology - E.P. AND SPLITS (2006 - 2012)
Interview  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top